Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

NASA が「火星の家」を明らかに | 宇宙ニュース

NASA は、火星への将来のミッションで生命がどのようなものになるかをテストするために、ボランティアが一度に 1 年間住んで、新しい火星のシミュレートされた生息地を明らかにしました。

Crew Health and Performance Exploration Analog (CHAPEA) と呼ばれる 3 つの計画された実験のために建設されたこの施設は、テキサス州ヒューストンにある NASA の大規模な研究基地にあります。

この夏、4 人のボランティアが最初の実験を開始します。この実験では、NASA は彼らの身体的および精神的健康を監視して、人間がどのようにしてこのような長期間の隔離が可能であるかをよりよく理解することを計画しています。

このデータにより、NASA は火星での宇宙飛行士の「資源の使用」をよりよく理解できるようになると、チャパイア実験の主任研究員であるグレース ダグラス氏は述べています。

「私たちが与えるもので彼らをどのようにサポートしているかを本当に理解し始めることができます。それは重要なリソースの決定を下すための非常に重要な情報になるでしょう」と彼女は生息地のプレスツアーで語った.

彼女は、そのような遠隔任務には「非常に厳しいグループ制限」が伴うと付け加えた.

ボランティアは、マーズ デューン アルファと呼ばれる 1,700 平方フィート (160 平方メートル) の家に住みます。この家には、2 つのバスルーム、垂直サラダ ファーム、医療用に指定された部屋、リラクゼーション エリア、いくつかのワーク ステーションがあります。 .

エアロックは、火星環境の「外部」再構築につながりますが、格納庫内にはまだ存在します。

赤砂で覆われた床の周りには、気象観測所、レンガ製造機、小さな温室など、宇宙飛行士が使用する可能性のあるいくつかの機器が散らばっています。

赤い惑星の低重力をシミュレートするために、宇宙飛行士がベルトから吊り下げて歩くトレッドミルもあります。

研究者は、水の利用制限や機器の故障など、ストレスの多い状況に対する乗組員の反応を定期的にテストします。

生息地にはもう 1 つの特別な機能があります。それは 3D プリントです。

「これは、他の惑星や月面に生息地を構築する可能性として NASA が検討している技術の 1 つです」と Douglas 氏は述べています。

NASA は火星へのミッションの準備の初期段階にありますが、NASA の焦点のほとんどは、半世紀ぶりに人類を月に戻すことを目的とした今後のアルテミス ミッションにあります。

READ  東京パラリンピックは、コロナウイルスの発生の中で安全性の質問で始まります