Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

NASA のアルテミス ムーン ロケットが発射台で離陸する様子をご覧ください

Space Launch System と Orion は、今後数年間で宇宙飛行士を月面に戻すという NASA の計画の重要な要素です。 そこにたどり着くには、大型宇宙船を地球低軌道から約 24 万マイル離れた月まで推進するのに十分強力なロケットが必要です。 オリオンは、宇宙飛行士を最大数週間の宇宙飛行に運ぶように設計されたカプセルです。

NASA は、3 月中旬に初めて SLS ロケットを発射台に投入しました。 4月初旬、70万ガロン以上の液体水素と液体酸素のロケットスラスターを搭載するなど、カウントダウン手順の「リハーサル」を試みた。 しかし、3 回の運動試行中に水素が漏れるなどの技術的な不具合により、カウントダウンが短くなりました。

その後、NASA はロケットを修理のために車両組立棟に戻しました。 6 月、ロケットは発射台に戻り、リハーサルを再度試みました。 その試みは、6 月 20 日に、ロケットのブースト ステージへの燃料ライン コネクタで、別の水素漏れに遭遇しました。 しかし、初めて燃料タンクが満タンになり、管制官は 29 秒前にカウントダウンが切れるまで訓練を続けることができました。 当初の目標は、エンジンが実際に始動し始める 10 秒以内にカウントダウンを停止することでした。

リークにもかかわらず、NASA の関係者はすべての重要なシステムが適切にテストされていると判断し、テストは成功したと宣言しました。 ミサイルは、発射中に何か問題が発生した場合にミサイルを爆発させ、人口密集地域との衝突の可能性を排除する飛行停止システムの設置を含む最終準備のために、再び車両組立棟に戻りました。

8 月 11 日に設置された飛行停止システムのバッテリーは、通常 20 日間しか持ちませんが、フロリダからの打ち上げを監督する米国宇宙軍の一部は、NASA に 25 日間までの免除を認めました。 これにより、8 月 29 日の発売日と、9 月 2 日および 5 日のバックアップの機会が可能になります。

NASA は水素漏れを修正することを望んでいますが、8 月 29 日のカウントダウンまで、燃料ラインが極寒の温度に冷却されるまで確実なことはわかりません。これは、車両組み立て棟ではテストできません。

READ  何十年も輝いていない不思議な物体は、実際には9番目の惑星かもしれません