Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

NASCARの「音」は日本を魅了する – 小林

NASCARの「音」は日本を魅了する – 小林

小林可夢偉は、NASCARが母国に戻ったら、日本にも観客が来ると信じている。

NASCAR は 1996 年に初めてストックカーとそのカップ シリーズのスターを日本にもたらしました。 これらの車は太平洋を越えて輸送され、NASCAR初の主要な国際レースで鈴鹿サーキットでレースされました。 鈴鹿参戦から2年後の1998年にはもてぎでエキシビションイベントが開催された。

小林「チャンスは絶対にあると思う」 (写真、左、上) 彼は土曜日、23XIレースに参加しているブリストル・モーター・スピードウェイで語った。来週末には自身にとって2回目のカップ・シリーズがスタートする予定だ。 「どんなモータースポーツとも大きく違うのはサウンドだ。NASCARは素晴らしいサウンドを持っている。F1マシンと比べても驚くべきものだ」

小林はF1カーとスポーツカーの運転経験があります(WECチャンピオンを2回獲得し、ル・マン24時間レースでも優勝しています)。 8月、小林はインディアナポリスでNASCARデビューを果たした際、履歴書にストックカーのことを加えた。

「うるさいですが、最も大きな音の一つです」とNASCARストックカーに乗った小林は続けた。 「壁にぴったりと近づいて走っているのを見ると、信じられません。感動しました。古いスポーツカーを見ると、騒音を定義するのは困難です。

「日本に持ってきたら、そのサウンドに人々は魅了されると思います。NASCARを日本に持ってくる大きなチャンスです。多くの人がカップカーを見るのを楽しみにしていると思います。」

NASCAR インターナショナルへの進出は、近年新たな話題となっています。 議論の多くは、クラフトマン トラック シリーズとエクスフィニティ シリーズの両方が出場するメキシコとカナダに戻ることを中心に展開しました。 しかし、2019年以降、米国外での国内シリーズ(カナディアン・タイヤ・モータースポーツ・パークでのトラックシリーズ)は開催されていない。

小林は昨夏、インディアナポリスのロードコースでデビューし、カップシリーズレベルで戦った2人目の日本人ドライバーとなった。 28日からスタートし、ランキングは33位だった。 23XIレーシングは、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(3月24日)でのシリーズに復帰するため、今度はモービル1スポンサー付きの50号車で小林を再び起用する。

昨年の小林のNASCARデビューに対する歓迎とフォローアップは日本で好評を博した。 小林氏は来週末も同じことが起こるだろうと予想している。

「ナスカー、たとえばそれは放送されていないよ」と彼は言った。 「昨年のインディレースは生放送でした。最後に放送されたのは2016年だったと思います。ですから、人々はNASCARを見て、どれほどエキサイティングだったかを知っていると思います。人々は私のソーシャルメディアをフォローしています。」

「来週末には日本で再びCOTAでライブが行われると思うので、人々はNASCARについてもっと知ることになると思います。NASCARでのレースは非常に異なるので、NASCARレースが何であるかを人々が理解してくれることを願っています。」

READ  ポケモンTCG日本の失われた深淵のプレビュー:Glastrier&Spectrier