Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Netflix Filmと日本のスタジオポノックがストリーミング契約のパートナーに

Netflix Filmと日本のスタジオポノックがストリーミング契約のパートナーに

スタジオジブリのプロデューサー、西村義明氏が設立した日本のアニメーションスタジオ、スタジオポノックは、Netflixと複数年契約を締​​結し、今年後半に『イマジナリー』を皮切りに今後のスタジオポノック作品の独占ストリーミングホームとなる予定だ。 (この映画は日本では12月に公開されました。)

2015年に設立されたスタジオ・ポノックは、宮崎駿監督が引退するとされ、伝説的なスタジオでの仕事が少しずつ停滞していたスタジオジブリの歴史の中断期間中に設立され、長編映画(『メアリと魔女の花』)とミュージカルアンソロジーを制作した。 。 短編作品 (「Humble Heroes」) のほか、東京オリンピックの作品やいくつかのコマーシャルも含まれます。

クロアチア語の「真夜中」または新しい一日の始まりにちなんで名付けられたスタジオ ポノックのアニメーションは、「世界中の視聴者にインスピレーションを与え魅了する、日本で制作された世界的に魅力的なアニメーションの新たな始まりという創設者西村の目標」を反映しています。 」とスタジオの発表によると。

「イマジナリー」については、「若い女性アマンダと彼女の空想上の仲間ロジャーの目を通して、人間性と創造性の深さを描いています。 屋根裏部屋から始まった彼らの想像力豊かな冒険は、悪の力が彼らの想像上の世界とその中の友情を破壊する恐れがあるまで、これまで見たことのない生き物や場所の魔法の世界を発見することにつながります。

この映画はスタジオジブリのベテランである百瀬義行が監督し、西村がプロデューサーを務めています。 2D アニメーションはコンピューター アニメーションを駆使して手描きされており、プレス リリースによれば「これまでにない光と影の技術で強化されています」。

これはNetflixがプレミアムアニメーション面で結んだ最新の戦略的提携であり、アードマン・アニメーション(最近公開された『チキン・ラン:ナゲットの夜明け』と今後公開予定の『ウォレスとグルミット』)およびスカイダンスとの制作契約も含まれている。アニメーション(今年後半の「スペルバウンド」とブラッド・バードとリッチ・ムーアの新プロジェクト)、ドリームワークス・アニメーション(来月の「オリオン・アンド・ザ・ダーク」)、ソニー・アニメーション(「ザ・ミッチェルズ VS. ザ・マシン」)。

Netflixの今後の作品には、「ウルトラマン:ライジング」、「セイビング・ビキニボトム:サンディ・チークス・ムービー」、「ザット・クリスマス」も含まれる。 アンナプルナと提携して制作されたアニメーション映画「ニモナ」は、最近アカデミー賞長編アニメーション賞にノミネートされました。

READ  ラシュミカ・マンダナが和装で上品に! - 日本テレビ英語 | 最新ニュース