Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

News Groupの新聞社は、「6桁」の電話ハッキングに対して損害賠償を支払うことに同意した。

News Groupの新聞社は、「6桁」の電話ハッキングに対して損害賠償を支払うことに同意した。

  • トム シモンズ脚本の作品
  • 内務特派員

写真にコメントして、

クリス・ハニーは、ニュース・グループの新聞社から「政治的反体制派」として標的にされたと主張

ザ・サンとニュース・オブ・ザ・ワールドの発行者は、元政府閣僚による電話ハッキングの申し立てについて「6桁」の和解金で合意した。

クリス・ハニー氏は、ニュースグループ新聞社が幹部レベルで「英国での違法な情報収集を意図的に組織した」と非難した。

同社は火曜日、「ニュース・オブ・ザ・ワールドのために働いている、またはその代理として働いている個人の行為」について謝罪したが、それ以上の事実は認めなかった。

NGN は他の 11 件の訴訟も解決した。

これらには、元スパイスガールのメラニー・チザムや俳優のキース・アレン、キャサリン・テイト、マシュー・ホーンらの告発が含まれていた。

電話ハッキングスキャンダルが発覚したため、ニュース・オブ・ザ・ワールドは2011年7月に突然閉鎖された。

10年以上経った今も、数十件の訴訟が民事裁判所で係争中である。

クリス・ヒューネ氏は2009年に自由民主党の影の内務大臣を務め、2010年に自由民主党が保守党と連立政権を樹立した際にエネルギー・気候変動大臣として政権入りした。

同氏は火曜日の法廷で、ニューズ・コーポレーションの法人であるニュース・グループ・ニュースペーパーズとの間で「6桁の金額」の賠償金を支払うことに合意し、同社が訴訟費用を支払うと述べた。

同氏は、ニューズ・コーポレーションの法人であるニュース・グループ・ニュースペーパーズが、同氏に関する恥ずかしい資料を入手し、政治的反体制者として排除する試みの一環として同氏の携帯電話をハッキングしたと非難した。

ニューズ・コーポレーションの英国部門であるニューズUKは、クリス・ホーンとジャーナリストによる違法テクノロジーの使用に反対する運動を行っているロビー団体「ハックト・オフ」が長年にわたってニューズ・コーポレーションと敵対していたと述べた。

2009年、ホーネ氏は新聞社勤務者による電話ハッキングに対する警察の捜査拡大を求めた。

同氏は当時、ニューズ・コーポレーションによる英国の衛星放送局BSkyBの買収提案にも反対していた。

同氏は、今回の和解により「ニューズ・コーポレーションの取締役や取締役が政敵を排除するために私を標的にしたという私の長年の主張が正当化される」と信じていると述べた。

「私の訴訟は前例のないもので、違法な情報収集はジャーナリストではなくニューズ・コープ幹部によって指示されたものだ」と同氏は述べた。

「彼らの目的は2つあった。マードック氏のスカイ買収を支援するために企業をスパイすることと、厄介な政治家を排除することだ。」

同氏は警視庁に対し、ニューズ・コーポレーションの取締役とマネージャーに対する新たな捜査を開始するよう求めた。

ニュースグループ新聞社は、他の決着した事件に対する法的対応とは対照的に、ヘーネ氏に対して何の謝罪も行っていない。 法的対応には、元政治家の申し立てに関連するいかなる自白も含まれていなかった。

同社の広報担当者は和解後の声明で「情報を違法に入手するという企業の動機や傾向があったことを強く否定する」とし、掲載された記事は「正当で公益にかなうものだった」と述べた。

ヘーネ氏は、裁判所に謝罪を求めなかったが、裁判に行ってもこれ以上の損害賠償を受けることはないため、謝罪には同意したと述べた。

ハックト・オフの最高経営責任者ネイサン・スパークス氏は、数十人の政治家が「報道機関によって不法に標的にされ」ており、「公益を正当化することはほとんどない」と述べた。

「ニューズUKや違法行為に関与したその他の出版社は、責任を負う代わりに、政治家を自分たちに有利になるように操作し、より多くの新聞を売ろうとしている」と同氏は述べた。

READ  BTSのFilmOutは、YouTubeで記録的な速さで1億回再生され、日本の最速のミュージックビデオになりました。