Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

NextMeatsが新しいタンパク質代替施設を発表

東京を拠点に 次の食肉会社 本日発表 新潟市に代替タンパク質「ネクストファクトリー」の建設を開始する計画。 新しい大規模施設は、代替タンパク質の開発に専念し、研究開発研究所と生産ラインを備えており、来年の夏に完成する予定です。

Next Meatsは、焼肉ショートリブや日本の伝統的なビーガンビーフポットであるNEXT牛丼などのビーガン対応品を製造しています。 最近、同社は、当初B2B成分として提供されていた、NEXT EGG1.0と呼ばれる新開発のビーガン卵製品を発表しました。

ネクストファクトリーは、自社製品の開発に加えて、日本有数のスナック食品メーカーである亀田彩香と新製品を共同生産し、ネクストミーツは長岡技術科学大学と研究開発契約を締結しました。 ジェニー 新しい代替肉製品の作成におけるアプリケーション。

この発表は、代替タンパク質会社からオープンする最新の生産施設を表しており、スペースの継続的な成熟を示しています。 代替タンパク質分野の企業は、生産工場を開始するか、養殖肉会社のFuture Meat、Better Meat、AirProteinなどの工場を開設しました。

明らかに、大量生産施設を持つことの主な利点は、より多くの代替タンパク質製品を大規模に生産できることです。これにより、コストが削減され、世界中の消費者が利用できるようになります。

便利なことに、植物ベースの肉を生産することに加えて、新しいNext Meatプラントは、DX冷却システム、ソーラーパネル、および地元で調達された建築材料を使用して環境に優しいものになります。 そして、いい感じで、施設はネクストミーツの共同創設者である白井涼の故郷に建設されています。彼は彼が彼のコミュニティに恩返ししたいと言っています。

READ  ディクソンテック、電子部品JVの日本企業レクザム