Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Nianticは、グローバルバージョン向けに拡張現実で「Transformers」ゲームをリリースする準備をしています

米国パロアルト-米国の開発者Nianticは、拡張現実ゲーム「Transformers:HeavyMetal」を今年後半にリリースする予定です。

任天堂や他の日本企業は、世界で10億回以上のダウンロードを記録した「ポケモンGO」の発生の背後にある会社であるNianticに投資しました。 トランスフォーマー:ヘビーメタルは、日本発祥のキャラクターをフィーチャーした2番目の拡張現実ゲームアプリになります。

トランスフォーマー:ヘビーメタルでは、プレイヤーはガーディアンネットワークに参加し、オートボットとチームを組んでデストロンに挑戦します。 スマートフォンゲームは、Nianticが設計したARアプリケーションの開発および再生プラットフォームを使用します。

NianticはTomyと提携してゲームを日本のプレーヤーに提供し、アメリカのゲームメーカーであるHasbroはゲームを他の国に移動する責任を負います。 一部の地域では、ベータテストがまもなく開始されます。

トランスフォーマーは、後にトミーと合併した日本企業タカラが販売したおもちゃのラインから生まれた日系アメリカ人のフランチャイズです。 ハスブロは1984年に米国でロボットの販売を開始し、「トランスフォーマー」のタイトルは後に母国に再輸出されました。 フランチャイズはマンガ、アニメ、映画の形で登場し、130を超える国と地域に広がりました。

5億以上のトランスフォーマーゲームが世界中で販売されています。

Nianticは、ロケーションベースのタイトル「Ingress」や「Pokemon Go」などの独自のARゲームアプリも開発しているため、サードパーティベンダーにライセンス供与することでプラットフォームを活用しようとしています。

新しいゲームは非常にアメリカの宇宙会社によって開発され、Nianticがパブリッシャーとしてマーケティングを担当します。

READ  「信じられないほど疲れた」女王は、ハリーの本のスキャンダルを乗り越えるためにバルモラルに向かいます