Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

NIKI Chyau Fwu(Parkview)Groupは、長崎IRのパートナーとして国内企業10社を任命しました。

NIKI Chyau Fwu(Parkview)Groupは、長崎県佐世保市にIR施設を開発するためのパートナーとして、九州にさらに10社の地元企業を発表しました。

コンソーシアムには、池田デザイン、クリーンマット、デュアルキーシステム、藤岡、長崎セキュリティ、さくら、九州建築環境センター、メディアボックス、鮎工業など、地元企業のグループが含まれています。

今月初め、NIKI Chyau Fwu(Parkview)Groupは、日本の国内建設会社である安藤間、大阪を拠点とする奥村組、谷川健成の3社を最初のパートナーとして確認しました。

「NIKIChyauFwu(Parkview)Groupが計画した九州/長崎IRリゾートは、観光産業を発展させるだけでなく、地元の中小企業に大きな機会を提供するだろう」と同社は述べた。

さらに、さまざまな分野の専門家が前例のない数で訓練され雇用され、地元の若者の人口を増やすなどの他の影響があります。 このプロジェクトは事業開発を促進し、地域を活性化させ、大きな経済的影響があると期待しています。」

NIKI Chyau Fwu(Parkview)グループは、ホスピタリティサービスを提供するNiki Clubの運営者であるNIKIと、1950年代に台湾で設立された建設と開発にルーツを持つグループであるChyauFwuで構成されています。 最新技術を駆使した大村湾の超スマートコミュニティとして構想した九州・長崎IRシステムを実現し、日本の地域活性化を目指します。

3人の候補者は8月にプレゼンテーションを行い、現在のスケジュールに基づいてその月の後半に最終スクリーニング結果を発表する予定です。

READ  短編映画祭アジアは才能の名簿以上のものを提供します