Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

NS。 日本の韓国第2外交官が不正行為のために家を注文した



2019年2月2日に撮影されたこのファイル写真は、外務省の本部を示しています。 (ミニチ)

ソウル(京都)-日本の外務省は、韓国の文在寅大統領について中傷的な発言をしたとして、韓国の第2外交官に帰国するよう命じた。

相馬博久は、2019年7月からソウルの在大韓民国大使館で副社長を務めています。

7月中旬、韓国の放送局JDPC Somaは、彼の記者の1人に、月の二国間関係を解体するための外交努力は「自慰行為」であると語った。

韓国の外交部は抗議し、日本政府に同様の事件を防ぐために「目に見える」措置をとるよう求めた。

日本大使館は、イポシコイチ駐韓日本大使が「非常に不適切なコメント」をしたとして副官を叱責したと述べた。

ムーン氏は、東京オリンピックの開会式に出席し、アウンサンスーチー首相と会談するために日本に行くことを考えていた。

しかし、事件の後、ソウルは月が東京に来ないだろうと発表しました。

日本と韓国は、スーチーの前任者である安倍晋三と月が会った2019年12月以来、首脳会談を開催していません。

戦時中の補償をめぐる論争により、日韓関係はさらに悪化している。

READ  日本の自動車メーカーは再びジャンプする準備をしています