Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

NS。 正味のゼロカーボン排出量はアジアに数兆ドルの費用がかかる可能性があります

中国山東省青島北部地区のラッシュアワー時の架空橋。

チョンギュ| 瞬間| ゲッティイメージズ

アジア最大の3つの経済圏は、運輸業界で正味ゼロカーボン排出量を達成するために推定12兆ドルを費やします。 オランダの銀行INGによると。

同行によると、中国、日本、韓国は、アジア太平洋地域の二酸化炭素排出量の約3分の2、世界の排出量の約3分の1を占めています。

日本と韓国は、2050年までに正味ゼロ炭素排出量を達成することを約束し、2060年までに中国を達成することを約束しました。正味ゼロ排出量は、生成されるよりも多くの温室効果ガスを大気から除去することを意味します。

INGのアジア太平洋地域の調査責任者でレポートの著者であるRobertCarnellによると、12.4兆ドルのコスト見積もりは、「中国の2020年のGDPの90%以上に相当します」。

彼は、バッテリー電気自動車、電化鉄道、水素駆動トラック、持続可能な燃料の航空機、およびアンモニア燃焼船の新しい艦隊を供給するために必要な発電能力の国々をカバーすると書いた。

彼は、12.4兆ドルの価格には、既存の車両フリートの交換、電気自動車の充電ポイントの設置、または業界での新しい燃料の保管のためのインフラストラクチャへの支出は含まれていないと述べました。

INGは、総エネルギー消費量の最大30%が3か国の輸送システムからのものであるため、目標を確実に達成するために、迅速に行動し、持続可能なソリューションを採用する必要があると述べました。

銀行は、中国、日本、韓国が本日エネルギー転換を開始し、今後30〜40年にわたって取り組みを拡大すれば、輸送における二酸化炭素排出量ゼロを達成するためのコストは管理可能になると述べた。

ネットゼロへの中国の競争

中国は世界最大の二酸化炭素排出国であり、正味ゼロ炭素排出量を達成するには、運輸部門に11兆ドル、つまり「2060年までの年間GDPの1.8%」の費用がかかると報告書は述べています。

によると 2020年の中国の再生可能エネルギー見通しINGは、中国の乗用車輸送は2050年までに2倍の4億5000万になり、2018年の2億2000万から増加すると述べた。

中国では電気自動車が急速に成長しており、INGは、2060年までにバッテリー式電気自動車を完全に採用すれば、2050年までに乗用車からの総エネルギー需要が大幅に減少する可能性があると予測しています。

INGは、中国の海洋産業は正味ゼロカーボンを達成するために最も多くの投資を必要とするだろうと述べ、海上貨物の需要は2060年までに今日のレベルの約120%に成長すると予想されると付け加えた。

しかし、ディーゼルとLNGをグリーンアンモニアに置き換えることなしにカーボンニュートラルを達成することは不可能です。 したがって、37億ドルの追加コストと、433ギガワットの追加の発電容量が発生します。

日本と韓国の目標はカーボンニュートラルです

日本と韓国はどちらも2050年に目標を設定し、それまでにカーボンニュートラルな目標を達成することを目指しています。

INGの予測によると、必要な発電容量の観点から、送電システムのネットゼロ計画に移行するには、日本に1兆ドルの費用がかかります。 これは「現在の日本のGDPの約20%」に相当しますが、その数は「現在と2050年の差で年間GDPの0.6%」に低下する可能性があります。

報告書によると、日本は経済の脱炭素化にほとんど進展がなく、化石燃料は依然として国の一次エネルギー供給の3分の2以上を占めています。 ポジティブな見方をすれば、これは「日本には、急速な進歩の可能性を提供する移行プロセスで活用できる控えめな成果がたくさんある」ことを意味します。

CNBCProの電気自動車についてもっと読む

INGは、韓国の輸送部門をカーボンニュートラルな未来に向けて変革するためのグリーンエネルギーエネルギーの総コストは約4,000億ドル、つまり今後30年間で分配すると今日のGDPの0.6%になると見積もっています。

カーネルは、各国が輸送システムの変革に費やさなければならないコストは「非常に残念」である可能性があるが、「この支出はすべてGDPとして発生する」ことを覚えておくことが重要であると書いています。

READ  日本の B2B ペイメント サービスの顧客レポート 2021: 新興