Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

NS。 韓国、米国、日本の協力は、半島を核化するために重要です:国務省。

ワシントン発-米国務省のスポークスマンは金曜日、同盟国と協力して朝鮮半島の非核化に取り組んでいると述べた。

ネットフリックスは、先週の月曜日に現職の岸田文雄首相が就任してから10日以上経った金曜日(ソウル時間)に韓国の文在寅大統領と初めて電話をした後、発言した。

「ご存知のように、北朝鮮に関しては、私たちの戦略の一部は、私たちの同盟国や同盟国と緊密に協力し、私たちの同盟国や同盟国と協力して、韓国の完全な核軍縮である私たちの究極の目標に向かって固執することです。半島」と述べた。プライス氏は電話記者会見で、北朝鮮を正式名称である朝鮮民主主義人民共和国と呼んでいる。

「しかし、私たちは三者関係にコミットしており、それがいかに重要であるかを知っています」と彼は言いました。

ソウルと東京の関係は、日本が韓国に対する一連の経済的行動を見た2019年半ば以来、史上最低であり、多くの人がソウルの裁判所の決定に対する報復の試みと見なした。 日本は1910-45年の朝鮮植民地支配の間に自由労働を余儀なくされました。

ソウルの外務省とその最高の核交渉者であるノア・チードゥク氏は、来週ワシントンで、米国と日本のカウンターパートであるチョン・キムとタグロ・プナコシとそれぞれ二国間および三国間会談を行うと述べた。

高価な核交渉担当者は会議についてコメントを控えたが、「我々は引き続き二国間ベースで緊密に協力し、日本と韓国のカウンターパートと三者ベースで最後まで前進する」という政策目標を掲げた。 「」

ある省のスポークスマンは、米国は北朝鮮との会談のための「具体的な計画」を提示し、無条件でいつでも北朝鮮と会う準備ができていると述べた。

彼は北朝鮮に提供された特定の計画について詳しく述べることを拒否したが、米国は北朝鮮と「建設的な外交に従事する準備ができている」と繰り返し述べた。

平壌は2019年初頭から米国との会談から離れており、最近の米国の会談には応じていない。 (ヨンホップ)

READ  ルーマニア、日本は橋のサイトで外交の100周年を発表します