Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

NTTドコモは日本での5Gリリースの加速を目指しています:レポート

NTTドコモは日本での5Gリリースの加速を目指しています:レポート

NTTドコモは2020年に日本で最初に5Gサービスを開始しました

地元紙によると、日本の通信事業者であるNTTドコモは、ライバル事業者が日本全土で5Gを急速にリリースしているため、国内での5G拡大のペースを加速することを目指しています。

報告書によると、NTTドコモは現在、2024年3月までに日本の人口の90%をカバーすることを目指しており、以前の目標であった80%から増加しています。

競争力のある通信プロバイダーであるKDDIは、4月から始まる会計年度の初めに90%のカバレッジに達する可能性が高いと述べ、ソフトバンクは来春までにこの目標に達すると述べています。

NTTドコモは2020年に日本で最初に5Gサービスを開始しました。

昨年12月、日本のテクノロジー企業NECは、NTTドコモが同月に商業的に開始した5Gスタンドアロン(SA)サービス用のポケットコアおよび基地局を提供したと発表しました。

NECは、5Gコアの個別アーキテクチャにより、eMBB(拡張モバイルブロードバンド)、mMTC(大型マシンタイプの通信)、URLLC(高信頼性、低遅延通信)など、5Gサービスのさまざまなニーズに合わせたカスタマイズされたネットワークを作成できると述べました。 )。

さらに、NECは、以前はドコモのビジネスネットワークで個別に運用されていた5G基地局(NSA)が、ソフトウェアのアップグレードによって5GSAにアップグレードされたと述べました。

NTTドコモとNECは最近、O-RANオープンインターフェース仕様と異なるベンダーの無線ユニット(RU)を使用した5G基地局ベースバンドユニット(5G CU / DU)を使用した5Gスタンドアロン(SA)の動的テストを完了しました。

NECは2021年6月、インテリジェント無線アクセスネットワークをサポートするために、NTT DoCoMoとRANインテリジェンスコントローラー(RIC)を共同開発することを発表しました。 両社は、RICの使用は、RANの運用コストの削減、パフォーマンスの向上、および消費電力の削減を目的としていると述べています。

昨年、NTTはDocomo5Gネットワ​​ークソリューションプロバイダーとしてSamsungを選択しました。 サムスンは特に、オープンRAN開発キャリアの次のフェーズをサポートします。

2021年、NTTドコモとJTowerは、インフラ共有の分野での協力を強化することを目的とした資本および業務提携の形成を発表しました。

同盟の一環として、ドコモは将来、日本電信電話株式会社(NTT)が所有するJTowerの株式を2.5%の議決権で取得する予定です。

NTTドコモは2016年に4Gネットワ​​ークにJTowerのインフラ共有ソリューションの使用を開始し、アプリケーションのソリューションを全国に拡大しました。 また、2020年10月から5G IBSの利用を開始し、JTowerは東京都に5G IBSを日本初の5Gインフラ共有ソリューションとして確立し、東京の西新宿エリアでスマートポールの利用を開始しました。

READ  ウクライナ危機の中で、日本で世界最大の金塊の価値が高まった