Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Nvidiaがアジアのテクノロジーを引き上げ、日本の日経平均株価が過去最高値を記録

Nvidiaがアジアのテクノロジーを引き上げ、日本の日経平均株価が過去最高値を記録

[東京(ロイター)] – 米国のチップ設計会社エヌビディアの予想外の好調な収益予測がアジアのテクノロジー株を押し上げたことを受け、日本の日経平均は木曜日の史上最高値を突破した。

中国株は序盤の低迷から回復し、中国政府の景気刺激策に対する楽観的な見方の中、8取引連続で勝利の行進を続ける構えとみられる。

連邦公開市場委員会の最新会合の数分間で利下げは今後緩やかになるとの見方が確認されたことを受けて、米長期債利回りが3カ月ぶりの高水準に上昇する一方、ドルは下落したが、FRBの政策より大幅にタカ派的ではなかった以前のコメントです。 ビュー。

日経平均株価は2.19%高の39,098.68で取引を終え、その前には高値39,156.97まで上昇し、いわゆるバブル経済の最盛期だった1989年12月29日に記録した前回終値および日中高値を上回っていた。

「前回日本株がこれほど高かった頃を彷彿とさせる浅薄な評価のない堅調な企業収益と、円安を背景に、政府のコーポレート・ガバナンス強化への傾きに対する市場の反応が良好であることを考慮すると、投資家心理が依然として非常に高いのは驚くべきことではない」ゴールデン・エクエーター・ウェルスの最高投資責任者、ジョー・リン氏は「株価は上昇し続けている」と述べた。

MSCIの日本以外のアジア太平洋株の最も幅広い指数は、台湾の株価指数と香港のハンセン指数の約1%上昇に支えられ、序盤の下落から急反発して0.56%上昇した。

本土の主力株は序盤の取引で小幅な値上がりと値下がりを繰り返した後、0.61%上昇した。

水曜日の主要指数の取引はまちまちだったが、米国の株価指数先物は大幅な上昇を示した。 S&P500先物は0.75%上昇し、テクノロジー株中心のナスダック先物は1.46%上昇した。

夜間の終業ベルの後、NVIDIA は四半期売上高が約 233% 増加すると予測し、時間外株価は約 10% 上昇しました。

Capital.comのシニア市場アナリスト、カイル・ロッダ氏は「米国の先物相場は上昇しており、堅調だ。まさにエヌビディアだ」と述べた。

「幅広い銘柄が後流に追随している。」

日経平均株価は今年すでに約17%上昇しており、S&P 500とナスダックはそれぞれ約5%上昇しているが、これは主に人工知能への大きな見通しが原動力となっており、NVIDIAチップがそのブームの中心となっている。

サクソ・マーケッツのアナリストらはリサーチノートで、「エヌビディアの収益は地合いの強まりを上回り、バリュエーションの高騰に対する懸念を和らげ、AIテーマが引き続き市場を牽引する余地を残した」と述べた。

米国10年国債利回りは木曜日のアジア時間で4.3069%と若干低下したが、1週間前に付けた4.332%の水準に近い水準を維持しており、この水準は11月末以来見られなかった。

水曜日に公表された議事録によると、1月の前回米連邦準備理事会では政策担当者の大半が、借入コストがどのくらいの期間その水準にとどまるべきかについて不確実性が広がる中、早すぎる利下げのリスクを懸念していたことが明らかになった。

これを受けてトレーダーの間では利下げは差し迫ったものではないとの見方が強まっており、CMEグループのフェドウォッチツールによると、市場価格は5月に最初の利下げが行われる確率が3分の1であることを示している。

ドルは、主要6通貨に対するドル指数が104.97に達した先週に付けた3カ月ぶりの高値から引き続き下落した。 木曜日のアジア取引では0.12%安の103.86となった。

ユーロは0.14%上昇して1.08345ドル、英ポンドは0.08%上昇して1.2647ドル、円は1ドル=150.275ドルで落ち着いた。

他の地域では原油価格が上昇し、供給逼迫の兆候が見られた前取引の上昇に加えた。

米国ウェスト・テキサス・インターミディエイト原油先物は25セント上昇して1バレルあたり78.16ドル、ブレント原油は24セント上昇して1バレルあたり83.27ドルとなった。

水曜日の原油価格は、米国の製油所の操業再開で需要が押し上げられ、これまでの一連の停止により米国の製油所の稼働率が2年ぶりの最低水準に低下したことを受けて1%上昇した。 – ロイター

READ  Xboxスナップ機能が復活する可能性は低い