Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

NVIDIA PG137 (TITAN ADA) GPU と 48GB RAM の出荷が確認されました

NVIDIA PG137 (TITAN ADA) GPU と 48GB RAM の出荷が確認されました

48GBのメモリを搭載した次世代NVIDIA TITAN GPU

TITAN アーキテクチャ サンプルの出荷マニフェストには、部分的なメモリ仕様が記載されています。

NVIDIA は現在、PG137 エンジニアリング ボードを世界中の開発センターに出荷しています。 ユニットの 1 つは、インド向けの出荷データを監視している会社によって発見されたようです。 GPU メーカーは、少なくとも 2 つのテスト ボードを地元の開発センターに出荷しました。

PG137 ボード設計は、潜在的な TITAN RTX ADA ボードとして VideoCardz 読者に知られています。 それはによって最初に言及されました コピテ7キミ これにより、このボードが最大 48 GB のメモリをサポートすることが明らかになりました。 この正確な情報は、輸送中のユニットの 1 つに 48 GB の GDDR6 メモリが記載されている出荷マニフェストによって確認されているようです。

NVIDIA PG137 SKU0/330 48GB、出典: Volza

興味深いことに、GDDR6X ではなく、GDDR6 のみが言及されています。 これは、TITAN が GDDR6X メモリを使用せず、代わりにより高い周波数の GDDR6 タイプを使用することを意味する場合があります。 さらに、SKU 0 と SKU 330 という少なくとも 2 つの異なる SKU が言及されています。

ほんの数日前、TITAN RTX ADA GPU の画像が流出しました。 クアッド スロット GPU 設計は、ディスプレイ コネクタがスタックされた垂直 PCB を備えた最初の NVIDIA グラフィックス カードである可能性があります。 PCB 自体はマザーボードと平行になるため、将来のグラフィックス カードの外観が大きく変化します。

NVIDIA TITAN RTX ADA 4 スロット クーラー、出典: MegaSizeGPU

データと上の画像の唯一の違いは、EB2 から TS1 への製品コードの変更です。 これは、おそらくエンジニアリング ボードとテスト サンプルを表しています。 ただし、1つ明らかなことは、デザインは開発の進んだ段階にあり、すでにTITANの前世代モデルと同じ色をしていたことです。

NVIDIA GeForce RTX 40シリーズの噂の仕様
VideoCardz.com タイタン RTX ADA RTX 4090 Ti RTX4090 RTX4080
建物 エイダ (TSMC N4) エイダ (TSMC N4) エイダ (TSMC N4) エイダ (TSMC N4)
GPU AD 102 – 450 AD 102 – 400 M 102 – 300 AD 103 – 300
プレートナンバー PG137-SKU0 PG139/136-SKU310 PG139/136-SKU330 PG139-SKU360
ショートメッセージ
CUDA コア
L2 キャッシュ
メモリー
メモリバス
メモリ速度
電力 (TDP/最大)
電源コネクタ 2x 16 歯 1x 16 歯 1x 16 歯 1x 16 歯
ランチデート 未定 未定 2022 年 10 月 2022 年 11 月

ソース: ヴォルツァ 経由 wccftech



READ  日本は地球に衝突予定の「小さくて速い」小惑星を破壊する技術を試験中