Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

[ODDS and EVENS] 日本のボクシングは世界規模で大きな成功を収めている

[ODDS and EVENS] 日本のボクシングは世界規模で大きな成功を収めている

全文を読む スポーティな外観[ODDS and EVENS] 日本のボクシングは世界規模で大きな成功を収めている

これは日本ボクシングの黄金時代でしょうか?

「黄金世代」という華やかなフレーズは、並外れた才能と世界の舞台で大きな成功を収めた国内スポーツチームを表すのによく使われます。 たとえば、ペレやその他のスター選手が率いるブラジルは、1958 年、1962 年、1970 年の FIFA ワールドカップで優勝しました。 次に、殿堂入りを果たしたアルゼンチン男子バスケットボールチーム (2000 ~ 12 年) がありました。 マヌ・ジノビリ オリンピックやFIBAの競技会で先頭に立って活躍。

一般に、ボクシングは国家全体の成功ではなく、個人の成績に基づいて分析されます。

一定の年齢のボクシングファンなら、1980年代のシュガー・レイ・レナード、ロベルト・デュラン、マーベラス・マービン・ハグラー、そしてトーマス・“ヒットマン”・ハーンズという「四天王」の全盛期を覚えているだろう。 低級階級を制覇した4人の傑出したファイター。

そこで、このコラムの冒頭で提起した質問に戻ります。

そう、今は日本ボクシングの黄金時代だ。

日本語の信用ジャーナル 数学的図面番号 現在の時代に適切なコンテキストを提供すること。 同誌は2024年6月13日号で数十ページを割いて、現代の最も著名な戦闘機を特集した。 また、号全体で 10 を超える記事をリンクする繰り返しのテーマもあります。

表紙には絶対スーパーバンタム級チャンピオンの井上尚弥選手が登場し、 数学的図面番号 これは「日本ボクシングの黄金時代」の到来を告げます。

井上尚弥
井上尚弥が4月10日、横浜の大橋ボクシングジムでトレーニングを行った。 (©産経)

井上尚弥が日本最強ボクサーのトップに

5月6日、井上は1990年2月以来となる東京ドームでのプロボクシングイベントのヘッドライナーを務めた(その日のメインイベントの試合はヘビー級のマイク・タイソンとジェームス・“バスター”・ダグラスが出場候補だった)。 東京ドームでの開催はその点を裏付けるものである。

井上(27勝0敗、24KO)は今や世界的スターであり、43,000人の観衆は、母国でも彼を応援したいという国民の大きな需要があることを思い出させた。

井上は第1ラウンドでキャリア初のKO負けを喫した後、反撃した。 メキシコのルイス・ネリを6ラウンドTKOで下し、4本のチャンピオンベルトをすべて保持した。

「野獣」イーノは、プレッシャーのかかる状況でも逆境に対処できる能力を実証した。

それはまた、彼が世界最高のファイターの一人であることを思い出させるものでもあった。

のいずれかで 数学的図面番号著者は詳細なインタビューで、井上がネリとの戦いのスタイルを見つめていることを示した。

それは井上の戦いのメンタリティと自信を知る興味深い機会となった。

「ネリの戦い方には限界がある」と井上は語ったという。 」[His] 攻撃と防御はそもそも補完的なものではなく、完全に分離されています。 ネリが何をしようとしてるかは分かっていたので、問題は彼にどう対処するかでした。 だから試合の流れは僕次第だった。 そうやって試合に臨んだんだ」

日本のプロボクシング世界チャンピオン数名に関する解説や情報を含む全文を、SportsLook で読み続けてください。

関連している:

著者: エド・オデビン

エドを探す ジャパンフォワードカスタムウェブサイト、 スポーティな外観。 彼についていく [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日とX(旧Twitter) @ed_oven

READ  カタール建国記念日のお祝い 感動: 日本特使