Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Omigron Impact:日本はインプットに対するより厳しい制限を拡大します| モルガンルイス

日本政府は2月末まで外国人の入国制限を延長しました。

2か月の制限延長

2021年11月30日以降、日本は指定された国/地域に居住する外国人の入国を事実上禁止しています。[1] 過去14日以内に「特別な状況」にない場合。 これらの活動は2021年12月31日まで継続する予定です。 しかし、オミグラン感染の急速な拡大を考慮して、日本政府は1月11日、制裁措置は2022年2月末まで続くと発表した。

措置の下で、関係省庁の事前承認を得て昨年11月に導入されたルーズエントリーフレームワークの使用は停止されます。 COVID-19ワクチン保有者の活動に対する緩い治療も2月末まで停止されます。 ((緩和された制限についての以前のLawFlashをお読みください)。

可能性のあるエントリを可能にする「特別な状況」

「特別な状況」にある外国人[2] 参入障壁が免除される場合があります。

「特別な状況」を満たすための基準は、COVID-19の状況に合わせて簡単に設計および調整されており、現在の運用では、一般的な業務を可能にする「特別な状況」はありません。

2022年1月12日現在、「特別な事情」の外国人が含まれています

  • 再入国許可が必要です。
  • 新たに日本に到着した場合、(1)2020年8月31日までに再入国許可を得て出国し、再入国期限が切れる前に日本に入国できない場合、(2)日本人の配偶者および/または子供または永住者( “いじゅしゃ」)、または(3)配偶者および/または子供 “大樹社」(つまり、日本に居住し、特別な種類の法定在留資格を有する外国人[3])日本国外で、その家族が日本と日本国外に別々に住んでいる人。
  • 「外交」または「公式」の市民権ステータスを保持または求める。 と
  • 人権の観点から説得力のある理由が必要であるか、そのエントリが必須の公的要件を満たしている必要があります(ワクチン開発エンジニアなど)。

今年3月からの外国人の入国構造は、主にCOVID-19の流行の進行に依存すると予想されます。 外国人が日本に入国するにつれ、状況を詳しく調べる必要があります。

石井舞(免許を持った専門家-経営実務)と平岩綾子(免許を持った専門家-業務記録と経営実務)がこのLawFlashに貢献しました。


[1] 2022年1月12日現在、162の国/地域が指定されています

[3] 法務大臣の指定または特別許可に基づいて日本に居住することを許可された外国人

[View source.]
READ  トヨタは中部日本の給水障害を緩和するために井戸を利用しています