Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

OpenSesame Technology Inc (日本) と Plural Technology (インド) は、相互の技術的能力と世界的な配信能力に共同でアクセスするための覚書を締結しました

OpenSesame Technology Inc (日本) と Plural Technology (インド) は、相互の技術的能力と世界的な配信能力に共同でアクセスするための覚書を締結しました

日本のテクノロジー企業は、中国とベトナムではなく、ハイデラバードに拠点を置くインドのテクノロジー企業と提携することを選択しました。

ハイデラバード、2023 年 3 月 6 日: インドのハイデラバードに本拠を置くグローバル エンタープライズ ソフトウェア サービス企業である Plural Technology Private Limited と、日本の名古屋に本拠を置く先進技術サービス企業である Open Sesame Technology Inc は、最近、日本でパートナーシップ契約を締結しました。

覚書は、Open Sesame Technology Inc.の会長兼マネージングディレクターである森岡忍によって署名されました。 、および Nitin Baraskar – 共同創設者、Bhanu Prakash Reddy Varla 氏 – Plural Technology Pvt Ltd および Accord Exchange のディレクター。

最近、日本の名古屋に派遣されたバヌ・ヴァルラ。 日本代表団は、2023 年 4 月にもハイデラバードを訪問する予定です。

Plural Technology Pvt Ltd の CEO、Sunil Savaram 氏は次のように述べています。

このパートナーシップ契約により、両社は互いの技術的能力にアクセスし、世界中で新しい作品を共同で取得して発表することができます。 このパートナーシップを通じて、Open Sesame Technology Inc. また、インドの Plural Technology Pvt Ltd のソフトウェア開発事業を活用して、バックエンド技術の開発とサポート サービスを提供します。 Plural Technology Pvt Ltd は、PLM ソリューションを専門とする自動車、航空宇宙、防衛、医療機器、家電、半導体、小売業界のお客様にサービスを提供しています。 セサミテクノロジー株式会社を開設インテリジェントなトラフィック管理用に設計された実績のあるソリューションを使用して、AI や ML を含む最新のテクノロジーを開発しています。

セサミテクノロジー株式会社を開設中国とベトナムの外部パートナーを活用してグローバルに成長しようとするこれまでの試みは、過去 25 年間、うまくいきませんでした。

本日、日本とインドで発表された共同声明の中で、森岡忍会長兼マネージング ディレクターは、次のように述べています。

「私たちのロードマップは非常に似ており、両社にとってこの旅を一緒に進めることは理にかなっています」と Sunil Savaram は付け加えます。

Open Sesame Technology と Plural Technology Pvt Ltd は、2025 年末までに、エンタープライズ テクノロジー サービスと製品販売で 1 億ドルのビジネスを達成したいと考えています。

現在、両社は合わせて約 500 人の従業員を雇用しています。 今後 3 年間で、Plural Technology はさらに 1,000 人のテクニカル アドバイザーを追加したいと考えており、そのうち約 500 人は日本語のトレーニングを受けています。 これは、インドの技術サービス企業がこの規模で日本との協力関係を結ぼうとする初めての試みです。

Plural Technology は、日本語でコミュニケーションできる約 500 人のテクニカル アドバイザーを育成できるように、日本語トレーニング機関との戦略的パートナーシップに取り組んでいます。

Plural Technology Pvt Ltd のディレクターである Ajay Patel 氏は、次のように述べています。

Rakesh Kumar Jamula – 人工知能スペシャリスト、服部隆氏 – Open Sesame Technology Inc. テクニカル ディレクター彼はMoUの署名にも出席した

「インドと日本の友好関係は非常に古く、70 年以上にわたって緊密な外交関係を築いてきました。この関係は、何世紀にもわたる精神的な親和性と文化的および文明的なつながりに深く根ざしています。両国は共通のビジョンを共有しています。 2 つの国は相互に利益をもたらすでしょう」と Bhanu Varla 氏は付け加えました。

READ  日本のミニ月のおもちゃ: カメラプローブは準備完了です