Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Paytmは、IPOにリンクされたPayPayの7%の株式を取得するように設定されています

デジタル決済プラットフォームPaytmは、ノイダを拠点とする会社が所有権を株式に転換するための購入オプションを与えられてから2年後に、日本のPayPay株式の約7%を取得する可能性があります。

これは、Paytmの親会社であるOne97 Communicationsの株式の約20%を保有するSoftBankによって、水曜日に規制文書で開示されました。

あなたはこの話が好きですか?

その日の最も重要な技術ニュースをカバーする1通のメールを5分以内に入手してください!

お待ちください…

PayPayは、ソフトバンクとYahoo Japanの合弁会社であり、PaytmをテクノロジーパートナーとするQRコードベースの決済会社です。 PayPayのユーザー数は約4000万人で、年間20億件のトランザクションが発生しています。

全体として、PayPayは、Yahoo Japanの子会社を含むソフトバンクグループが90%以上所有しています。

PaytmとSoftBankのスポークスマンは、これ以上のコメントを提供しなかった。

ソフトバンクグループは水曜日に、3月に米国に上場した電子商取引会社クーパンへの投資によるビジョンファンドの記録的な利益を主な理由として、370億ドル近くの第4四半期の収益を報告しました。

ソフトバンクの孫正義CEOは、ビジョンファンド20へのコミットメントを100億ドルから300億ドルに増やしていると語った。

インドでは、ソフトバンクは、既存の企業を倍増させるとともに、ソーシャルトレーディングプラットフォームMeeshoなどのスタートアップの新しいバッチをサポートすることに忙しい。

現在の会計年度の第1四半期には、インド企業に少なくとも10億ドルを投資しています。

デリーベリーやポリシーバザールなどのインドのソフトバンクポートフォリオ企業は、他の地元の新興企業のホストがリストに殺到す​​るため、今年公開することを目指しています。

READ  日本のモバイル決済業界、市場の分析-主要なハイテク巨人が再び活気づいています