Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

PEロングリーチは日本のコンポーネントである富士通の売却を検討していると関係者が語る

(ブルームバーグ):ロングリーチ・グループは日本の産業技術企業、富士通コンポーネントの売却を検討している。 関係者によると、その後、アジアの買収会社は潜在的な買い手から関心を集めた。

情報は非公開であるため匿名を希望した関係者らによると、ロングリーチは財務アドバイザーと協力して売却の可能性について取り組んでいるという。 この取引により、部品メーカーの価値は5億ドルから10億ドルになる可能性がある、と関係者らは述べた。

関係者によると、投資ファンドや業界の他の企業が富士通のコンポーネントに当初の関心を示しているという。 最終的な決定はまだ下されておらず、オーナーが契約を続行しない決定を下す可能性もある、と関係者は述べた。

ロングリーチの代表者はコメントを控えた。

同社のウェブサイトによると、富士通コンポーネントは2001年に設立され、オートメーション、自動車、グリーンエネルギー、ヘルスケアなどの分野でリレー、抵抗膜式タッチパネル、センサーなどの電子部品やモジュールを製造・販売している。 東京に本拠を置く同社の従業員数は3月末時点で2,215人。 同社は日本、中国、マレーシアで製造および研究施設を運営しています。

2018年、ロングリーチは日本の有名グループである富士通株式会社とともに民間企業の富士通コンポーネントを買収した。 同社は後に上場廃止となった。

ロングリーチ社のウェブサイトによると、ロングリーチ社は2003年に設立され、中華圏やアジア広範な地域を視野に入れ、日本の支配企業の株式購入に注力している。 同社は東京と香港に本社を置き、産業、テクノロジー、消費者およびビジネスサービスなどの分野に投資しています。

©2023 ブルームバーグ L.P

READ  ホンダH-RVがZR-Vという名前で日本でデビューし、e:HEVハイブリッドテクノロジーを都市として取得