Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

PEZAがPHLに対する日本企業の信頼を高める

PEZAがPHLに対する日本企業の信頼を高める


フィリピン経済区庁(PEZA)は、昨年2024年1月に署名された戦略的覚書(MOU)に従い、フィリピンにおける日本企業の利益を促進するために積極的な措置を講じてきた。

PEZA、三井住友銀行(SMBC)、リサール商業銀行(RCBC)が関与するこの協力関係は、SMBCが東京で主催した経済シンポジウムを通じて強化されました。

PEZA 事務局長、テレソ O. バンガ氏は、フィリピン経済圏内での有利な投資機会について日本の企業顧客を教育することを目的とした会議で基調講演を行った。

講演者は全員フィリピン人で、駐日フィリピン大使、ミレーネ・デ・ギア・ガルシア・アルバーノ閣下、元通商産業財務長官で現SMBCグローバルアドバイザーのセサール・プリシマ氏、RCBCチーフエコノミストのマイケル・モンテロ氏が含まれた。

このシンポジウムには約 140 名の参加者が集まり、パンガ総局は PEZA とそのエコゾーンの有益な概要を説明し、これらのサイトが潜在的な投資家にとって支援的なビジネス環境で傑出している理由を強調しました。

PEZAのワンストップ機能と望ましい製造拠点としての同国の地位は、日本企業にとってフィリピンの魅力を高めるレトリックの重要な要素となった。

フォーラムに関連して、PEZAは東京と静岡で、常石、FCC、シークスコーポレーション、IMES、日本の製造会社MSME TOM'Sなどの著名な業界関係者とのいくつかのビジネスミーティングに参加した。

PEZAのベテラン投資家である常石は、新たな木材ペレット化プロジェクトや初のメタノール燃料TEUコンテナ運搬船の建造などの重要プロジェクトを含む第5次拡張フェーズを発表した。

常志氏はフィリピンでの29年間の旅を振り返り、25ヘクタールのささやかな敷地から170ヘクタールの広大な敷地に成長し、現在では約1万人の直接および下請け労働者を雇用しており、当初の300人から大幅に増加したと強調した。

シークス株式会社との協議の中で、柳瀬浩二社長は、特許取得済みの導電性インクをフィリピンで製造する同社の意向を強調し、フィリピンが拡大戦略における中心的な役割を果たしていることを強調した。

世界トップ 20 のエレクトロニクス製造サービス (EMS) 企業である SIIX は、フィリピンで初めてインク生産事業を設立し、1957 年以来同国で事業を行っています。

齊藤義隆社長が代表を務めるFCC Limitedは、ホンダ・クリック125用クラッチの製造、紙セラミックの製造、スクーター組立ラインの新たな技術進歩など、フィリピン事業の野心的な成長計画も発表した。

さらにFCCは、浄水用の固体酸化物型燃料電池(SOFC)や固体バイオマス燃料の生産などの取り組みを通じて、フィリピンの循環経済に貢献する意向を表明している。 世界のオートバイハンドルバー市場で圧倒的な存在感を誇るFCCの拡大は、フィリピンの経済情勢に対する自信を示している。

現時点で日本はPEZAへの最大の投資国であり、総投資額の28%を占めている。 この強力なパートナーシップにより、資本金 7,980 億ペソ、輸出額 163 億米ドル、877 の PEZA 登録企業 (RBE) 全体で 342,845 人の直接雇用が創出されました。

READ  11月の日本の基幹機械受注は予想以上に減少した