Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

PHコーポレーションが日本との貿易再交渉に足を踏み入れる

フィリピンは、日本に入る農産物のより良い取引を望んでいる。そのため、貿易省の高官によると、両国は10年以上前に署名された自由貿易協定(FTA)の再交渉を進めていない。産業(DTI)。

商工次官のセヴェリーノ・ロドルフォ氏は最近のインタビューで記者団に対し、フィリピンは2008年に発効した日比経済連携協定(PJEPA)の下で日本市場へのより良いアクセスを望んでいると語った。

以前はJPEPAとして知られていた、フィリピンの最高法案を反映するための頭字語の変更は、この問題に関する国の立場の証拠を提供します。 この件を直接知っている当局者は、報道時点では問い合わせに応じていなかった。

JPEPA、この場合はPJEPAは、フィリピンが署名した最初の自由貿易協定です。 この協定は、とりわけ商品やサービスの貿易を対象としていました。

協定は、両国がスケジュールを変更することに合意しない限り、両当事者が2011年から開始し、その後5年ごとに協定をレビューすることを規定しています。

再交渉

“NS [PJEPA] 特にフィリピンがトロピカルフルーツを含む農産物の市場アクセスを改善するための話し合いと交渉を主張したため、再交渉は前進しなかった。 現時点では、フィリピンにとって非常に重要な輸出製品は、依然として日本市場に行く18パーセントの関税を課している」とロドルフォ氏は述べた。

ロドルフォは特定の製品を特定しなかったが、農務省は何年もの間、日本に入るフィリピンのバナナの関税ゼロを求めてロビー活動を行ってきた。

ウィリアム・ダー農業相は、日本は冬に18%、夏に8%の関税を課したと述べた。

「(PJEPA)はすでにかなりの年数にわたって実施されているので、二国間であろうと地域的であろうと、他の自由貿易協定と一致するように再交渉を本当に優先している」とロドルフォは述べた。

PJEPA以来、フィリピンはすでに他国、最近では韓国および他の14カ国との地域包括的経済連携協定に署名または少なくとも交渉を締結しています。

このように、フィリピンは現在、戦略的ではありますが、数年前とは異なる市場での地位にあります。

しかし、ロドルフォ氏は、PJEPAが「特に互いの市場への優先的アクセスに関して、その関連性を維持すること」を望んでいると述べた。

まだ改善の余地はありますが、これまでのところ、この取引はフィリピンにとって有益でした。

州のフィリピン開発研究所は、2019年の調査で、FTA後の「フィリピン市場の日本への拡大の恩恵を受けた」と述べた。

しかし、同じ調査によると、一部の国内産業が日本への輸出を拡大できなかった理由を理解するには、さらに分析が必要であるとのことです。

「このセクターが日本への輸出を拡大するのを妨げている原因を特定する必要がある」と研究は述べ、関税の境界を超えて輸出の伸びに影響を与える可能性のある他の要因もあることを指摘した。 INQ

以下を読んで

最新のニュースや情報をお見逃しなく。

への参加 詳細はお問い合わせください フィリピンデイリーインクワイアラーと70以上のタイトルにアクセスするには、最大5つのウィジェットを共有し、ニュースを聞き、早ければ午前4時にダウンロードし、ソーシャルメディアで記事を共有します。 8966000に電話してください。

フィードバック、苦情、お問い合わせについては、 お電話ください。

READ  米国が特許を停止する計画を支持した後、Covid-jabは中国のメーカーを襲った