Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

PH医療従事者が日本語研修を修了

日・フィリピン経済連携協定に基づいて日本を出発するフィリピン人看護師・介護福祉士候補者の第13回バッチのための日本語準備研修の閉会式が8月26日頃に開催されました。

日本大使館は越川和彦大使が代表を務め、214人の候補者に祝辞を述べました。 労働雇用省のシルベスターベロIII大臣からのビデオメッセージも示されました。

会議には、フィリピン海外雇用局のバーナード・オラリア所長、海外労働者福祉局のハンス・レオ・カクダク所長、日本マニラ財団の鈴木ベン、日本センター財団のフィリップ・サンヴィクトリス、日本国際財団の津野田隆が出席した。 ケアサービス。

Covid-19のパンデミックのため、PJLTクラスはオンラインで開催されました。 候補者には毎日の生活費とインターネットのお金が与えられ、タブレットコンピューターはトレーニング期間中貸し出されました。

フィリピン海外雇用局のバーナード・オラリア

日本に到着すると、候補者は日本の病院や介護施設に在籍する前に、さらに4か月間の集中的な日本語研修を受けます。

READ  既知の最大の彗星は、私たちの近くに向かって見えて見えるようになっています