Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

PHLは、日本の産業を活用してデジタル化と気候変動プロジェクトを推進したいと考えています

ロイター

東京を拠点とするフィリピンの外交官は、フィリピンは、デジタル化、気候変動への適応、インフラに焦点を当て、パンデミック後の経済回復への日本の参加を増やすことを望んでいると述べた。

金曜日の日本の大使と企業の会議で、フィリピン大使館臨時代理大使ロベスピエールL. ボリバルフィリピンは、東南アジア諸国連合内での地域統合とアウトリーチを推進する上で、日本の企業と協力することを楽しみにしています。 (ASEAN)。

「経団連(日本経済団体連合会)がコラボレーション、共創、新たな成長分野として特定した分野は、特にインフラ、貿易と投資、気候変動、災害リスクの軽減と管理、デジタル変革において、フィリピンの主要な経済プログラムと融合しています。 」とボリバル氏は語った。

会員数は、全国47都道府県1,444社、109の産業団体、地域経済団体です。

ボリバル氏は、フィリピンは「ASEANはその家族であり、日本は兄弟よりも親しい友人であり、これらの強い絆は私たちを自然なパートナーにしている」と考えていると付け加えた。 – アリッサニコールまたはタン

READ  編集:原子力の負担によって損なわれたよりクリーンなエネルギービジョン