Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

PISは日本の海運大手NYKと液体二酸化炭素と液化天然ガスを輸送する商業契約を締結 | 中から

PISは日本の海運大手NYKと液体二酸化炭素と液化天然ガスを輸送する商業契約を締結 | 中から

国営エネルギー会社プルタミナの子会社であるPTプルタミナ・インターナショナル・シッピング(PIS)は、日本の海運会社日本油信株式会社(NYK)グループと液体二酸化炭素(CO2)と液化天然ガスの輸送で協力する契約を締結した。ガス(LNG)および船舶管理。

この協定は、炭素回収・貯留(CCS)と排出削減のリーダーとしてインドネシアの国家課題を支援するという公約の一環である。 覚書はプルタミナ本社で署名され、プルタミナ会長ニッキ・ウィディワティ氏、PIS CEO ユキ・フェルナンデ氏、NYK CEO 渡邉裕信氏が出席した。

「この調印は、2022年12月以来PISとNYKの間で続いているパートナー間の戦略的協力のフォローアップです。これは旅の始まりであり、最も重要なのは、どのようにして事業の実施を加速できるかということです。それはPISにとって新たな収益チャネルとなる」とニッケ・ウィディヤワティ氏は2024年6月27日木曜日の声明で述べた。

PIS CEOのユキ・フェルナンデ氏は、協力の重要性と、NYKとのCCS譲渡においてPISが重要な役割を果たす用意があることを強調した。

「NYKとのこの覚書は、当社の株主との長期的なパートナーシップと緊密な関係を通じて、PISがインドネシアを超えて成長することを推進します」とユキ氏は述べた。この提携により、炭素排出削減におけるNYKの技術移転と専門知識が強化されることを期待しています。」

PIS は、専用の船舶と炭素貯蔵施設を必要とする CCS プロセスの輸送チェーンに焦点を当てます。 政府の支援に加え、この提携は、二酸化炭素回収・貯留技術や企業や子会社全体にわたるその他のさまざまな排出削減取り組みを通じて、2060年までに正味ゼロ排出を達成するというプルタミナ・グループの取り組みにも沿ったものである。

NYKの渡辺博信CEOは、PISがインドネシア海運業界の重要なプレーヤーの1つであることを考慮すると、PISとの協力はNYKにとって非常に重要であると述べた。 「我々は協力計画について頻繁に議論してきたが、紙上の合意を実際の行動に移す時が来た」と渡辺氏は語った。

この契約を通じて、NYKとPISは協力し、インドネシアとの間で液体二酸化炭素を輸送および貯蔵するための商業的機会と実現可能性研究を検討します。 LNG事業に関しては、LNGタンカーの保有で協力することで合意した。 一方、船舶管理事業については、日本郵船とPISが合弁会社を設立し、日本郵船が船員の世界競争力向上のための研修を提供する。

「NYKとPISの協力は、炭素排出量を削減し、持続可能な開発を促進する世界的な取り組みにおいて、海洋産業に新たな基準を設定します。世界がよりグリーンな未来に向かって進む中、PISとNYKのパートナーシップはイノベーションとコラボレーションの重要な役割を体現しています。」持続可能な環境目標を達成するために」とヨッキー氏は語った。

READ  なぜこの小さなカラフルなホイールが突然日本のいたるところに現れたのですか?