Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

PlayStationのベテランである萩原健二が国際的なビデオゲーム開発者であるStreamlineMediaGroupの新しい日本オフィスを率いる

ベテランのビデオゲーム開発者であるStreamlineは、グローバルオフィスを 日本 国内ゲーム産業の成長を支援する

ラスビガスそしてその 2022年4月6日 / PRNewswire /-今日、 メディアグループの簡素化 ビデオゲーム、デジタルアセット、サービスの開発会社である(Streamline)は、日本への進出を発表しました。 元サードパーティとの関係担当副社長 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE) 日本 アジアそしてその 萩原健二、現在は総支配人、社長 日本 新しいStreamlineオフィスのために。

萩原健二 は、ビデオゲーム業界のグローバルビジネスリーダーであり、国際的な人間関係、ソフトウェアの販売、および事業拡大の管理に20年以上の経験があります。 日本 そしてその アジア 市場。 SIE在職中、 萩原健二 以下のような日本アジアの拠点パートナーとのいくつかのグローバルパートナーシップへの対応を含む、多くの拡張および開発イニシアチブを開始し、貢献しました。 ソニーのヒーローチャイナプロジェクト そして、PlayStation4をで起動します 中国。 合理化して、 萩原健二 Streamlineを引き続きサポートします 日本 パートナー、新しい関係の開発、ローカル開発チームの構築 東京、日本 地域のStreamlineサービスを統合する。

「Streamlineの基盤の上に構築することを楽しみにしています 日本、「言う 萩原健二。 「ビデオゲーム、エンターテインメント、メディアにAAA品質のデジタル技術およびクリエイティブサポートを提供してきたStreamlineの歴史を通じて、この地域でのコンテンツ制作を改善し、世界のゲーム業界標準を満たすことができます。一緒に、この地域でのStreamlineの開発パートナーシップを強化し、ローカルをサポートします。日本の開発者と出版社。」

Streamlineには、彼らと協力してきた長い歴史があります 日本 カプコン、スクウェア・エニックス、 ソリゲームコジマプロダクションとフロムソフトウェア。 さらに、人気のあるファイティングフランチャイズであるストリートファイターVに関する同社の複数年にわたる技術協力、およびカルトクラシックであるファイナルファンタジーXVの共同開発は、日本でのストリームラインの拡大の基礎を築いた重要なパートナーシップです。

「」日本 彼はStreamlineにとって素晴らしい機会とインスピレーションの源でした。 そこでのパートナーから多くのことを学びました。」 アレクサンダーフェルナンデスStreamlineMediaGroupのCEO兼共同創設者。 ‘に投資する 日本 ゲーム環境は、この地域への取り組みを固めるための次のステップでした。 ケンジの実証済みの経験とリーダーシップは、簡素化と私たちの関係全体に利益をもたらします アジア ワールドクラスの配信とワールドクラスの才能を一致させることによって。」

Streamline Media Groupは、ビデオゲーム、メディア、エンターテインメント、および企業向けのクリエイティブおよびテクノロジーの研究開発ソリューションを専門とする独立した会社です。 2001年に設立された20年の歴史を持つこの会社は、クリエイティブなデジタルプロジェクトに包括的で統一された制作パイプラインを提供する5つのサービスおよび開発事業部門を提供しています。

あなたは訪問することができます 新しいウェブサイトを簡素化する、会社とその成長する才能の詳細については、英語と日本語で利用可能 シニアリーダーシップチーム

StreamlineMediaGroupについて
Streamline Media Groupは、メディア、エンターテインメント、ビジネス、エンタープライズ向けのビデオゲームテクノロジーを通じて、グローバルなクリエイティブおよびテクノロジーソリューションを提供しています。 同社は独自のゲームを作成し、5つの事業部門を通じてブランドの忠誠心を育み、デジタルの卓越性を提供するソリューションを開発しています。 Studios、Streamframe、Streamline Games、All Pixels、DayZeroを簡素化します。 詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 www.streamline-mediagroup.com

メディアの連絡先:
ミーガンアルバ
ケーブル [email protected]
+1(405)973-8077

SOURCE Streamline Media Group

READ  『007ノー・タイム・トゥ・ダイ』の大虐殺が韓国の月刊興行収入のトップに立つ-マニラ速報