Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

PlayStation の Visual Arts はレイオフを経験した最新のゲーム会社です

PlayStation の Visual Arts はレイオフを経験した最新のゲーム会社です

PlayStation の Visual Arts は、レイオフに見舞われた最新のゲーム会社です。

発見されたように VGC、Visual Arts Service Groupの多くの開発者がソーシャルメディアで解雇を発表し、新たな機会を探していました。

「残念ながら、相次ぐ解雇の後、先週がプレイステーションで働く最後の週となりました」とシニアデザイナー 『アサシン クリード ヴァル​​ハラ』や『イモータルズ フェニックス ライジング』などの大ヒットゲームに携わってきたダニエル・ベルマーレ氏は、LinkedIn にこう書いた。

「これは確かに私が望んでいたニュースではありませんが、非常に才能のある同僚たちと素晴らしいプロジェクトに取り組む機会に感謝しており、そこで過ごした良い思い出を持って帰るつもりです。私は次の挑戦を積極的に探し始めています。 。」

ニュースキャスト: なぜゲーム業界でこれほど多くの人員削減が行われているのでしょうか?

『ラスト オブ アス パート 1』のリグ アーティストであるショーン テオも、LinkedIn ページに同様のメモを残しました。「残念ながら PlayStation Visual Arts との契約は満了となりました。現在、新しい役割を探しており、ビデオ ゲームに柔軟に取り組むことができます。そしてコマーシャル。」

「さようならプレイステーション/ソニー・インタラクティブエンタテインメント、本当にあったんだ!」 彼は言った マット・バーニー氏は、「この解雇の波が来ることは分かっていた」とほのめかした。 彼らはこれまで、サンディエゴ スタジオ、ファイアウォーク スタジオ、プレイステーション スタジオ、XDEV のチームとリクルーターとして働いてきました。

「ここ数か月間、私はこの解雇の波が来ていることを知っていました。私はプレイステーションが大好きですし、今後もそうするつもりです…つまり、辞める機会があったときは残っていたということですから、当然です!」

「私はあなたとパートナーとして過ごしたすべての瞬間を愛していました。しかし、残念ながら私はもうあなたの雇用パートナーではないことを今日知りました。」

この発表は、Epic、Microsoft、Take-Two、Riot Games、EA、Twitch、Meta、Unity、Ubisoft、CD Projekt、Roblox、Embracer、Amazon などによるゲーム業界における一連の大幅な削減の最新のものです。カットを行っています。 数例を挙げると、セガなどはいずれも 2023 年の販売を発表しています。

トゥームレイダーの開発会社クリスタル・ダイナミクスは9月に従業員数が減少し、同様にエンブレイサーの一部であるピンボールFXは最近レイオフを経験した。

昨年8月、Embracerは、Saints Rowの開発会社Volition Gamesを「事実上」閉鎖すると明らかにし、また以前には、再建の一環としてBorderlandsの開発会社Gearboxの売却を検討していることも認めた。 Embracer 傘下の Sabre Interactive も最近、死霊のマルチプレイヤー ゲームの開発を中止すると発表しました。 この発表により、同社は予定されていたゲームのSwitchリリースが完全にキャンセルされたことも発表した。

READ  PlayStation の責任者は、ファーストパーティの PC リリースは「積極的な」成長計画の一部になると述べています。