Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

PNRクラーク-中央ルソンの経済回復を刺激するフェーズ2-

運輸大臣トゥガデ (ファイル画像)

マニラ 運輸大臣(DOTr)のArt Togadは、運用が開始されると、PNRクラークの南北鉄道(NSCR)プロジェクトの第2フェーズが必要な雇用を創出し、COVID-19パンデミックの影響の中で中央ルソンの経済回復に拍車をかけることを確認しました。

「DOTrは、そのすべてのプロジェクトにおいて、常に国の経済を活性化することを目指しています。NSCRなどの輸送インフラプロジェクトは、中央ルソン、特にブラカン州とパンパンガ州の経済成長を刺激します」とトガデは日曜日のプレスリリースで述べました。

NSCRは、アジア開発銀行(ADB)が資金提供する最大の単一インフラプロジェクトであり、国際協力機構(JICA)が資金提供する最長の旅客鉄道プロジェクトです。

また、ドゥテルテ部門のビルド、ビルド、ビルドプログラムの下でこれまでで最大のプロジェクトであり、総費用は7775.5億ペソです。 これは、日本が支援する主要なインフラ鉄道プロジェクトの1つであり、マニラ首都圏地下鉄とメトロ鉄道(MRT)のリハビリプロジェクトでもあります。

PNRクラークフェーズ2は、NSCRの下にある53 kmの鉄道で、マロロスとブラカンをパンパンガ州クラークに接続します。

トゥガデ氏は、PNRクラークが運用可能になると、PNRクラークの第2フェーズにより、中央ルソン全体の輸送の接続性とモビリティが向上し、さまざまなセクターでさまざまなビジネスチャンスが刺激されると述べました。

「マロロスからクラークへの鉄道南北鉄道(NSCR)は、マロロスとブラカン、パンパンガ州クラーク間の移動時間を1.5時間から2時間から、わずか30〜35分に短縮することを目的としています。また、史上初の空港鉄道サービスも備えています。マカティとクラーク国際空港をわずか55分で結ぶこの国では、2〜3時間かかります。」

PNRクラークフェーズ2には、カルンペット、アパレット、サンフェルナンド、アンヘレス、クラーク、クラーク空港の6つの駅があります。 鉄道駅には、ユーティリティビークルから電車への乗客の移動を容易にするマルチモーダル施設が含まれます。 (広報)

READ  オリンピックとワクチンの進歩により、日本の支出は不均一になります