Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

[Policy Recommendations] 日本における国家健康と気候変動戦略の策定 (2024 年 6 月 26 日) – Health and Global Policy Institute (HGPI) 世界的な保健政策のシンクタンク。

[Policy Recommendations] 日本における国家健康と気候変動戦略の策定 (2024 年 6 月 26 日) – Health and Global Policy Institute (HGPI) 世界的な保健政策のシンクタンク。

国際保健政策研究所のプラネタリーヘルスプロジェクトは、「日本の国家健康と気候戦略の策定:ゼロカーボンで気候に強い医療システムの構築に向けた提言」と題した政策提言を発表した。 この政策提言では、気候変動に対する日本の医療システムの回復力を強化し、脱炭素化へ移行し、持続可能性を高めるための具体的な対策の概要を示しています。

地球規模の健康問題である気候変動は、21 世紀の公衆衛生上の最大の課題です。 主に人間の活動によって引き起こされ、温室効果ガスの排出につながる、気温や気象パターンの長期的な変化を指します。 日本政府は、2050 年までにカーボンニュートラルを達成するために、GX 実行会議、国家 GX 戦略、エネルギー基本計画、地球温暖化対策計画などの取り組みを行っています。医療分野が引き起こす環境への影響を考慮すると、次のような取り組みを行っています。人間の健康と環境を保護するためのロードマップ。

この提案を作成するにあたり、有識者グループに参加した有識者との議論を通じて、盛り込むべき要素を特定しました。 私たちはまた、世界数カ国の先駆的な取り組みをレビューしました。 特に、英国とフランスの国家気候行動戦略に携わる専門家は、貴重な洞察を提供してくれました。 彼らは、ウェビナーを通じて、公衆衛生における革新的な国の気候変動緩和および適応戦略を発表しました。

さらに、私たちは惑星の健康プロジェクトに関与する学術機関、医療専門家、政策立案者、市民社会のメンバーと協力しました。 私たちは、日本の医療制度が気候変動、脱炭素化への移行、持続可能性の促進に直面してもより強靭になることを保証するために、草案に対する彼らのフィードバックを取り入れました。 この包括的なアプローチにより、議論を深め、提案を完成させることができました。

国家適応戦略には、以下の 4 つの目標と 5 つの原則による適応策と緩和策が含まれています。

[Objectives]

  1. 気候変動に強い医療システムを構築し、日本に住む人々の健康と福祉を気候変動の悪影響から守る能力を強化する

    • 気候変動にもかかわらず医療サービスとコミュニティが正常に機能する能力をサポートしながら、コミュニティと文化に合わせた高品質で公平な医療サービスを提供する

  2. サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出実質ゼロの医療システムを構築し、2050年までのカーボンニュートラル達成に貢献する

    • 医療システムの環境への影響を軽減し、2050 年までに排出量を実質ゼロにするという政府の目標を達成する

  3. 持続可能で気候変動に強い健全なシステムとコミュニティを構築するための世界的な協力を強化する

    • 国立環境研究所(NIES)の気候変動適応情報プラットフォーム等のリソースを最大限に活用し、気候リスクに関する科学的知見の拡充、支援ツールの活用、他国や関係機関との適応能力の向上に向けた取組を推進する。
    • 日本の科学的知識を共有し、国際基準の開発に貢献し、気候変動に対処してより良い健康を促進するために近隣諸国と協力する機会を求める

  4. 健康と気候変動は相互に関連していることを認識し、包括的な政府の行動を通じて、健康で気候に強く持続可能なコミュニティの構築を支援する

    • 健康第一の全政策アプローチを採用し、社会全体で温室効果ガス排出削減による健康上の利点を促進します。

[Principles]

  1. 地球の健康という概念を基礎に確立する

    • 地球生態系の健全性、人間の健康、人間社会を考えるとき、それらの相互関連性を明らかにし、自然の健全な管理を通じて人類が持続可能性を確保するために利用できる研究と実践策を追求する必要があります。

  2. 国民の健康増進と疾病予防を通じて公衆衛生に焦点を当てる

    • 公衆衛生の増進と病気の予防は、これらすべての戦略における緩和と適応の中核原則です。 健康を決定する環境的および社会的要因を考慮し、一次予防から三次予防に至るすべての段階で、これらの要素に対する強力なサポートを提供する必要があります。
    • 気候に起因する環境、人間および社会システムの変化を、健康の環境的および社会的決定要因の観点から考察します。
    • 適切な予防策によって新たな病気や慢性疾患の悪化を予防すれば、温室効果ガスの排出が削減され、医療需要の減少を通じて健康に関するコベネフィットがもたらされます。

  3. 証拠に基づく政策立案への取り組み

    • 気候変動政策は最新の科学的知識に基づき、入手可能なデータと証拠を最大限に活用する必要があります。 明確な証拠がまだ入手できない分野では、政策決定は慎重に進められるべきである。
    • 気候変動が健康に与える影響や、保健システムの活動が公衆衛生や社会に与える影響に関する研究を強化する必要がある。 両方の研究結果は政策決定プロセスに反映されるべきである。

  4. 人々が健康を享受できる機会を確保し、健康の平等を確保する

    • 健康のための平等な機会はすべての人に保証されるべきであり、すべての人が可能な限り最高の身体的および精神的健康を享受する機会を有するべきです。
    • 高齢者、子供、慢性の非感染性疾患を持つ人々、精神障害を持つ人々、および気候変動によりリスクにさらされているその他のグループが健康な人々と同じ健康上の利点を享受できるようにするために考慮されなければなりません。

  5. 日本文化における伝統的な自然観との調和

    • 日本の伝統的な自然観は、人間が自然を尊重し、自然と共存すべきであるという前提に基づいており、人間と自然のあいまいな区別、自然や季節の移り変わりやサイクルの強調、非線形で循環的な見方などを特徴としています。時間と出来事のこと。
    • 地球の健康という概念を理解し、解釈しようとするとき、政策決定のプロセスは、人間と自然との関係についての日本の独特の見方と一致する政策を策定するために慎重に行われるべきである。

私たちは、この政策提言が、意思決定者や関係者が地球の健康問題に対処するための政策を推進するのに役立つことを願っています。
詳しい内容はこのページ下部のPDFファイルをご覧ください。

専門家チーム (敬称略、五十音順、投稿時、所属、肩書は削除)

太鼓鼓道 (日本気象協会 環境・エネルギー部 主任技師)

南彩圭介 (国立環境研究所物質循環研究部部長)

橋住正博 (東京大学大学院医学系研究科国際医療政策学教室 教授)

渡辺千穂 (地球の健康に関する大学間イニシアチブの学部長、長崎大学熱帯医学・国際保健学部教授)

惑星健康プロジェクト諮問委員会 (敬称略、五十音順、投稿時、所属、肩書は削除)

有馬悟 (第一三共ヘルスケア株式会社)

鹿島沙織 (広島大学大学院先進理工系科学研究科環境健康科学研究室 准教授、惑星健康イノベーション科学センター長)

上乃田正博 (環境省大臣官房環境保健部長)

太鼓鼓道 (日本気象協会 環境・エネルギー部 主任技師)

近藤直樹 (京都大学大学院医学研究科・公衆衛生学研究科教授・社会疫学教室長)

菅原 (株式会社グリーンイノベーション 代表取締役)

鈴木康彦 (北海道大学国際共同人獣共通感染症研究所所長、北海道大学特別教授)

中野友加里 (日本看護協会 執行役員)

中村桂子 (東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科(医学)グローバルヘルス起業学講座 教授)

南彩圭介 (国立環境研究所物質講座部長)

西場祐介 (ノボ ノルディスク ファーマ株式会社 広報・サステナビリティ課、市場アクセス・渉外課)

橋住正博 (東京大学大学院医学系研究科国際医療政策学教室 教授)

原口誠 (MS&ADインターリスク総研フェロー/MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社 常務執行役員 TNFDスペシャリスト)

日ノ下英二 (厚生労働省国際保健福祉審議官)

風馬健二 (信州大学グリーン社会共創機構特任教授/株式会社ニューラル代表取締役)

細川秀和 (日本医師会常務理事)

松尾祐介 (地球環境戦略研究機関 業務タスクフォース 室長)

光武豊 (アストラゼネカ株式会社 サステナビリティ・ディレクター・ジャパン)

山野博也 (国立環境研究所生物多様性研究室長)

山本直子 (国際医療福祉大学教授/国際医療連携センター長)

渡辺千穂 (地球の健康に関する大学間イニシアチブの学部長、長崎大学熱帯医学・国際保健学部教授)

日本国際保健学会学生部会 (ギザギザ)

日本アジア医学生協会 (昨日の日本)

READ  皮膚がん:NIでサンベッドが合法というのはおかしいと専門家が言う