Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Print-n-Pack フェアは良い学習体験を提供すると来場者は言う

T. Madhav Kumar 氏は、マドゥライ中小企業協会 (MADITSSIA) が主催する毎年恒例の印刷およびパッケージングの展示会「Print-n-Pack 2022」を訪れていた、Aruppukottai の第 2 世代の印刷業者で、新しいことを学んだと言います。いつものようにこのドメインの開発。

「昨年に比べて屋台の数が増えた」と語った。

ギャラリーの社長であるラマナサン氏は、8月11日にギャラリーがオープンして以来、22,000人がギャラリーを訪れた.

印刷および包装業界は、世界で 2 番目に急速に成長している業界です。 ここに示されている技術には大きな飛躍があり、Cumbum や Usilampatti のようなポケットから小規模メーカーに大きな利益をもたらすでしょう。」

Ramanathan 氏は、この開発により、ブランドをうまく紹介できる地元のブランドが美的価値にアクセスできるようになったと述べました。

Canon、Kodak、Heidelberg、Seigwerk、Epson、Avery Denison などの国際ブランドは、ハードウェアと製品を展示し、プリプレス、プレス、ポストプレスの技術、ソフトウェア、ソリューションを提供しました。

1992 年以来、国内の大判スクリーン プリンターである BV Kumaran は、閉鎖後のビジネスはつまらないと述べました。 彼はこの展覧会が「私の顧客ベースを活性化するのに役立つ…」ことを望んでいました.

デジタル オフセット印刷機を提供する日本企業 Riso の事業開発担当ディレクターである Sajid Sheikh 氏は、同社が提供する機械は、多くの熟練労働者を必要としないと述べています。 最新の技術で使いやすいとのことでした。

ティルチで 30 年間小さな印刷機を所有している Srinivasan 氏は、近代化が彼のビジネスの成功の鍵であると述べました。 「過去 3 年間の進歩はすさまじく、展示会はワークショップのように感じます」と彼は言いました。 他の訪問者は、ここで屋台を見学することは良い学習経験だったと言いました.

訪問者は、タミル・ナードゥ州産業投資公社が設置したブースに行き、無料の COVID-19 ワクチン接種キャンプを利用しました。

「印刷技術に BE/B.Tech があることを知っている人は多くありません」と、コインバトールの Avinashilingam Institute of Home and Higher Education for Women の学生ボランティアは、そのブースでコースについて問い合わせがありました。

READ  フランスがカルロスゴーンに国際逮捕状を発行| カルロスゴーン