Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

PSPlusPremiumの試用要件は出版社と開発者にとって困惑しています

PSPlusPremiumの試用要件は出版社と開発者にとって困惑しています

写真:プッシュスクエア

衝撃的なニュース:ソニーは、消費者と同じようにビジネスパートナーとのコミュニケーションも苦手です。 少なくとも、それはよくあることのようです! 今週はじめパートナー向けの公式フォーラムの一種であるPlayStationDeveloperPortalのアップデートにより、今後、卸売価格が34ドル以上のすべてのゲームで2時間の試用が必要になることが明らかになりました。 PSPlusプレミアム プレイするメンバー。

これは、ソニーの新しいサブスクリプション階層の利点の1つです。 年の初めに発表されたように、すべてがどのように機能するかを感じ始めたばかりですが。 彼が共有した元のレポートについていくつかの混乱がありました ゲーム開発者、スタジオは手動でデモを作成する必要があるかもしれないことを示唆しました。 ニュースが最初に報道されたとき、私たちはそれについて疑問に思い、プレイヤーは単にゲーム全体をダウンロードし、2時間のゲームプレイに制限されると想定しました。 これはそれがどのように機能するかです EAをプレイ たとえば、現在の10時間のトライアルは、ここに当てはまるようです。

レポートによると、デモはゲームのリリース日から3か月以内に利用可能である必要があり、1年間利用可能である必要があります。 繰り返しますが、これはすべて必要です。 PSVR ゲーム。 出版社は、必要に応じてカスタムデモを作成することもできますが、これにはもちろん追加のリソースが必要です。

からの追加の報告によると、問題 Kotaku、これはまだ適切に伝達されておらず、開発者と出版社は、補償なしでソニーに2時間のタイトルを提供する必要があるように見えることに少し腹を立てています。 キャッチポイントは次のとおりです。PlayStationは、この追加機能を使用して、高価なサブスクリプション階層である£99.99 / $ 119.99を販売できますが、パブリッシャーは、私たちが理解しているように、その金額の1セントを見ることはありません。

PS Plusプレミアム、それは強調されなければなりません、 いたるところに立ち上げる 数週間 アジアの一部では、米国ではもう少し。 この情報だけはどうですか 単に パートナーと共有することは私たちを混乱させます!

もちろん、これは私たちにとってすべて良いニュースです! 消費者として、制限や制限なしに、ほぼすべてのゲームを34ドル以上の卸売価格で2時間試してみることができるのは素晴らしいことです。 しかし、それについての議論があるので デモは実際に売り上げを減らすことができます一部のパブリッシャーと開発者がこれに満足していない理由を理解しています。 いずれにせよ、それはすべてソニーの厄介なコミュニケーションの別の例のように聞こえます。

READ  NTTとインテルは光技術を活用した次世代半導体の開発に協力しており、日本政府も約450億円を支援する。