Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

QRコードとクレーン:日本は現代の墓地を受け入れています

泉木正代は、優雅な東京のビルの6階にあるブースに腰を下ろし、IDカードをスキャンして、亡くなった夫の遺骨を自動システムが届けるのを待ちます。

日本では、埋葬や追悼の伝統を打ち破り、故郷の墓地を現代の墓地に置き換える人が増えています。

60歳の女性が地上にある10の喪ブースの1つで待っていると、壁の後ろのクレーンがほとんど静かに動き、亡くなった夫の知事の遺灰が入った棺の入った「寿司」の箱を取り出します。

ブース内のシックな木製のドアは、高級ホテルのエレベーターのように静かに裂け、中央にねばねばしたジューシーボックスが置かれた光沢のある暗い石の祭壇が現れ、彼の写真がモニターに表示されます。

「当初、これらの施設はもっと涼しいのではないかと思っていたので、土の中にある伝統的な墓を好みます」とIsurukiはAFPに語った。

「めったに見られない家族のお墓よりも、いつでも行って祈れる場所がいいと感じています。」

彼の家族はそれを伝統的な墓地と考えていましたが、電車で2時間の距離でした。 蔵前両園の施設は、いするきの家からバスですぐのところにあり、仕事帰りに帰ることができます。

日本では伝統的に、火葬された遺体は何世代にもわたって家族の墓に置かれ、家族の長男によって維持されていました。

しかし、日本の灰色の人々の割合は、新しい墓を維持する必要がある人々の数とそうすることをいとわない若者の数との間の不均衡を引き起こしています。

家族はますます先祖代々の墓地から都市部に移動しており、多くの高齢者には伝統的な責任を受け入れることができる息子がいません。

-‘新しいスタイル’-

倉目珊瑚施設を統括する寺院に住む僧侶、ドモヒロヒーローズには約300体の伝統的な墓があります。

「しかし、墓の半分はもはや家族の誰にも気づかれていません」と彼はAFPに語った。

この問題を解決するために、遺体を一定期間、多くの場合最大30年間保存する、近代的な屋内埋葬施設が開発されました。

灰は最終的に集合的な記念碑に移されますが、個人名またはQRコードがボードに刻まれてカスタマイズされ、僧侶たちは死者の魂のために祈り続けることを約束します。

日本の首都のにぎやかな大通りに面したKurame-Rியோon倉庫スタイルの産業用スタックは、それぞれ2つの壷または最大8つの灰を含む最大7,000個のjusボックスを保管できます。

2011年の地震で寺院の古い建物がひどく損傷した後、ヒーローズはその場所を建設することを決定しました。

彼は、寺院、彼の住居、埋葬施設を含む新しい建物が、1608年以前にさかのぼる場所を復活させることに気づきました。

「それは全く新しいスタイルを提供します。多くの家族が彼らの墓に行くのは簡単です」とヒーローズは言いました。

墓地は、工場や倉庫の保管・輸送・保管システムを製造する大福が開発した機械を使用しています。

台風の上級幹部である新中秀信氏は、「当社は全国で約60の(墓地)施設のシステムを開発してきました」と述べています。

最初の注文は1990年代に行われ、最近では他のアジア市場からも関心を集めていると彼は語った。

-‘愛情のこもった心で’-

現代の墓地はしばしば便利であるだけでなく安価でもあります。

顧客と墓地をつなぐ会社である鎌倉新庄によると、場所の平均価格は約7,100ドルで、従来の墓地の約半分です。

他の現代の墓地は、機械を必要とするほど大きくはありませんが、他の新しい機能が含まれています。

1630年に東京で設立されたココクジ寺院は、床から天井までの個々のガラスの仏像の壁があるユニークな八角形の空間です。

それぞれの彫像(合計2,000以上)は、灰がそこに保管されている人物を表しています。 訪問者がIDをスキャンしたり、家族の名前を入力したりすると、愛する人に割り当てられた仏陀が輝きます。

シーン全体を照らすことができ、システムはさまざまなモザイクの形を作成し、さまざまな彫像がさまざまな色で光り、薄暗い聖域に平和な雰囲気を作り出すことができます。

このシーンは、私たち一人一人がより多くの人々に囲まれ、仏陀の後の生活に参加することを示しています、と芸術家やエンジニアと一緒にルリタン施設を建設した住僧である矢島太夫は言いました。

彼は、悲しみは現代の墓地でも同じままであると言います。

「子供たちは墓と両親の魂の世話をする必要があります…しかし、いくつかの現実ではそれは不可能です」と彼は言いました。

「どうすればそれらの人々が愛情のこもった心でリラックスできるのだろうと思っていました。それが答えでした。」

hih / sah / lto

READ  日本企業の約30%が脱炭素化への投資を増やしています