Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

RADIO FREE ASIA – 人民解放軍の海軍艦艇が領海に侵入する中、日本は厳戒態勢にある

空母を含む数隻の中国の軍艦が西太平洋で発見された後、日本軍は厳戒態勢に置かれました。

先週末、東京が中国からの脅威に対抗するための新しい防衛戦略を発表したとき、船舶がこの地域に侵入し始めた.

最新の違反は、月曜日に中国海軍の調査船が屋久島近くの日本の領海を通過したときに発生しました。

中国海軍艦艇が日本領海に侵入するのは昨年11月以来9回目 日本の防衛省 言った。

「これらの中国海軍の行動は、国家安全保障上の懸念事項だ」と述べた。

合同参謀本部 プレスリリース 日曜日、中国人民解放軍 (PLA) の空母遼寧と、少なくとも 4 隻の大型軍艦からなる海軍小隊が、沖縄県の大同諸島の南西約 260 キロメートル (162 マイル) の海上で活動していた。

大東は、日本の琉球列島の一部であるフィリピン海にある 3 つの島からなる群島です。

船団はこの地域に数日間滞在しています。 あ 以前のリリース 日本の統合幕僚監部は金曜日に次のように述べた:「遼寧」、2隻のタイプ055大型駆逐艦、1隻のタイプ052D駆逐艦、1隻のタイプ054Aフリゲート艦、および1隻のタイプ901総合補給船が、東シナ海から宮古海峡を通って西太平洋に出航した。

金曜日、日本は一連の新しい戦略を発表しました – 国家安全保障戦略、国家安全保障戦略、国防軍準備計画 – 中国は前例のない「戦略的挑戦」と名付けました.

東京は、今後 5 年間で反撃能力を獲得するための 43 兆円 (3,150 億米ドル) の予算を含む、第二次世界大戦以来最大の防衛改革を発表しました。

オブザーバーやアナリストは、70年間日本の国際政策の中心であった平和主義のドクトリンからの大きな転換と見なされている新しい戦略は、「戦後の安全保障政策の大きな転換点を表している」と日本は述べた。 防衛省.

防衛省は「戦後、最も厳しく複雑な安全保障環境の中で、国民の命と平和な暮らしを守るため、厳しい現実を直視し、抜本的な安全保障力の強化に取り組む必要がある」と訴えた。

日本の岸田文夫首相は、2022 年 12 月 16 日に東京で開催された国家安全保障戦略に関する記者会見に出席します。 クレジット: David Murray/Pool via Reuters

アイランドチェーンブレイク

中国は新たな声明で、「東シナ海と南シナ海での一方的な変更を力強く継続している」と述べた。 国家安全保障戦略.

中国は日本周辺での活動を強化しており、東シナ海、日本海、西太平洋で「いわゆる第一列島線を越えて拡大」している、と戦略声明は述べた。

最初の列島列は、日本と台湾を含む東アジア大陸本土を取り囲む主要な列島の列です。

中国は、日本が先週新しい戦略を発表するのに先立って、火曜から水曜まで日本の近くで演習を行うために、10,000 トンのタイプ 055 大型駆逐艦ラサが率いる軍艦群をすでに派遣している。

中国メディア 彼は、人民解放軍の海軍艦艇が「最初の列島線を通り過ぎた」と述べ、「日本の最近の軍事作戦の中で」合図を送った.

2 隻のクラス 055 大型駆逐艦 – 鞍山 (鞍山) と無錫 (Wuxi) – は、金曜に西太平洋への島々の鎖を壊すフェリーで空母遼寧を護衛しました。自体。 先制攻撃能力で「中国を攻撃」できるミサイル。

防衛アナリストのカール・シュスター氏は、中国が領有権を主張する島々についても言及し、「北京は日本の東と尖閣諸島周辺での軍事活動を強化するだろう」と述べた。

退役米海軍大将であり、米太平洋軍の統合情報センターの元所長であるシュスター氏は、RFA に対し、これらの行動は中国の軍事的軌跡に沿っていると語った。

「もちろん、北京は反日レトリックを増やし、日本の第二次世界大戦の軍国主義と残虐行為に関するコメントの多くを繰り返すだろう」と彼は言った。

「北京は中国国内の日本企業に問題を引き起こすだろうが、それらの企業は工場を移転させるようなことは何でも止めるだろう」とアナリストは述べ、「日本の防衛産業と金融システムへのサイバー攻撃」が起こる可能性があると付け加えた. 未来。

マイク・ファーン編集

READ  日本は堅調なオフショアリードで利益を拡大