Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Remedy は、ニュージーランドと日本を含む APAC に拡大しています

落ち着いて、 外国人向けのデジタル金融サービスプロバイダーは、日本とニュージーランドを含むアジア太平洋 (APAC) に拡大しました。

同社はこれまで、顧客が APAC から 25 億ドルの送金を行うのを支援してきました。 Remitly は、新しい顧客がこの地域のプラットフォームに到達するにつれて、さらなる成長を計画しています。

によると マット・オッペンハイマー Remedly の共同創設者兼 CEO、 会社 国際支払いの変換中。

「レミトリーは、アジアおよび大太平洋地域に住む外国人居住者にサービスを提供し、当社のグローバル決済プラットフォームへの投資を活用して、顧客が愛する人に送金する信頼できるプロバイダーになることを誇りに思っています。

「顧客がこの地域からこれまでに 25 億ドル以上を送金できるようになったことは、強い需要の証であるだけでなく、Remitly の世界クラスの顧客体験の証でもあり、これにより家にお金をより早く、より簡単に、より確実に届けることができます。」

世界銀行によると、日本からの送金は 2015 年から 2020 年には 82 億 5000 万ドルに倍増しました。 さらに、ニュージーランドからの 1 人当たりの送金は、過去 20 年間でほぼ 4 倍になり、合計 8 億 7,500 万ドルになりました。

Remidly の新しい APAC 送金回廊が運用されると、日本とニュージーランドの顧客は、Remidly の製品とネットワークを使用して 150 以上の回廊で送金できるようになります。

Remedy の支払いネットワークは、39 億の銀行口座、7 億 500 万のモバイル ウォレット、410,000 の現金受け取り場所、および特定の場所での宅配を提供しています。 2011 年に設立された Remitly は、シアトルに本社を置き、ロンドン、コークを含む 7 つのグローバル オフィスを構えています。 シンガポールマニラとマナグア。

READ  日本の当局は、デジタル ID カードをヘルスケアに関連付けます • 登録