Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Robo-Slap: 日本の最新盗難防止技術 | コメディクロニクル著 |  2023年12月

Robo-Slap: 日本の最新盗難防止技術 | コメディクロニクル著 | 2023年12月

ロボットが反撃するとき: ドタバタ犯罪解決策

そして、寿司と同じくらい技術革新が一般的な日本では、自動配達の世界で新しいトレンドが生まれています。それは、盗難防止顔面叩きシステムです。 はい、正しく読みました。 罪のない配送ロボットを狙うテクノロジーに精通した窃盗犯の増加に対抗するため、エンジニアたちはコメディーと自警団の正義を組み合わせた解決策を考案した。 この幸せな物語を掘り下げてみましょう。

東京の通りは、ネオンサインや寿司バーを飛び越えて、ラーメンから小売商品まであらゆるものを運ぶ最新のロボット配達員で賑わっている。 しかし、イノベーションにはロボット泥棒の台頭という課題も伴います。 これらの現代の泥棒は、驚くべき機敏性で荷物を盗み、ロボットの友人たちを無力にしています…今に至るまで。

創意工夫で知られる日本の技術者が絵本から葉を取り出しました。 ソリューション? 配達ロボットには平手打ち機構が装備されています。これは、泥棒をしようとする者を素早く平手打ちするという 1 つの目的のために設計されたロボットハンドです。 これを想像してください: 泥棒が荷物に手を伸ばしますが、ターミネーターというよりも三ばか野郎のようなロボットの掌攻撃に遭遇します。

顔を平手打ちするシステムの実装はすぐにセンセーションを巻き起こしました。 インスタント カルマを試食して驚いた泥棒のビデオが急速に広まり、これらのボットは一夜にして有名人に変わりました。 盗難率が減少しただけでなく、ロボットのファンも獲得しました。 人々はこの機械仕掛けの正義の守護者を応援し始めました。

おかしな話ですが、自動スラップシステムは論争を巻き起こしています。 倫理学者は、たとえ粘着性のある指を持っている人であっても、市民を平手打ちすることが道徳的にどのような影響を与えるかを考えてきました。 民間ロボットの時代に入ったのだろうか? 議論はユーモラスであると同時に白熱し、一方の側は神の神聖さを擁護した。

READ  ソニーのコーリー・バルロクは、戦争の神であるラグナロクへの期待が熱狂する中、忍耐を要求します