Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

SAで生まれた4人の選手が日本のラグビーチームに選ばれました

2019年にストーマーズに対して担当したサンウルブズ病棟Gerhardvan den Hever(写真提供:Ashley Flotman / Gallo Images)

南アフリカで生まれた4人の選手が選ばれました 日本 2021年のテストシーズンに先立ってトレーニングチームを拡大する。

緩い攻撃者 弱虫ファンデルウォルト そしてその ラピスラズリ
彼らはすでにサポーターですが、サポーターはサポートしています Gerhard van den Hever そしてその シェーンゲイツ 彼らは52人のチームの新参者です。

ヴァンデンヒーバーとゲイツは2016年から日本で取引されています。つまり、ワールドラグビーの居住拠点を経由してブレイブブロッサムの資格を得ることができます。

ゲイツは以前、フライハーフとサザンキングスのポジションを演じていましたが、ヴァンデンヘバーはブルズ、ストーマーズ、ミュンスターを主にウイングとして代表していました。

Van der Waltは、16のテストカバーと8つのLabuschangeを誇っています。

日本のジミー・ジョセフ監督は、次のようにコメントしています。

「チームが初めてライオンズと対戦するのは非常に特別な機会です。このチームの発表は私たちの準備の最初のステップです。2021年のサミットリーグはいくつかの素晴らしいチームパフォーマンスを生み出し、チーム間の競争は非常に激しいです。過去数年よりも近く、日本でのゲーム開発に最適です。 “”。

日本での中間テストの最終35人のチームは5月24日に発表されます。

ブレイブブロッサムズは、6月12日に静岡県の小笠山総合運動公園でウォームアップマッチを行います。対戦相手はまだ決まっていません。

その後、6月16日にスコットランドに旅行し、6月26日にエジンバラのマレーフィールドでブリティッシュアンドアイリッシュライオンズと対戦する予定です。

私たちは事実と想像力が消える世界に住んでいます

不確実な時期には、信頼できるジャーナリズムが必要です。 ただ 月額R75詳細な分析、調査ジャーナリズム、トップの意見、および多数の機能の世界にアクセスできます。 ジャーナリズムは民主主義を強化します。 今日、未来に投資しましょう。

READ  日本、米国、フランスが日本の土壌で最初の合同演習を実施