Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Safe in Hand、IPFS in Harbour、Be a Web Blazer 3.0

成都、中国、2021年8月28日(GLOBE NEWSWIRE)-28時NS 8月分散型ストレージソリューションの大手グローバルプロバイダーであるIPFSハーバーは、2年間のIPFSストレージサービスを歓迎します。 IPFSの急速な成長は、13,500人の顧客の信頼とハーバーの従業員からの何百ものサポートのおかげであるはずです。

PFSハーバーは、28年に「豊かな国」として定評のある成都ハイテク地区に正式に設立され、定住しました。NS 2019年8月。私たちはWeb3.0の創設者になることを目指しています。

会社の設立当初、IPFS Harbourは、Harbourデータストレージセンターの構築、専門的な技術および運用の人材の採用、および製品のアップグレードに迅速に取り組んでいます。 Filecoin Mainnetのペースを維持し、テストフェーズでエコシステムのインフラストラクチャで大きな成果を上げます。その間、数千人を超えるユーザーが部分的に私たちを見ており、彼らのフィードバックは貴重な経験でした。

IPFSハーバーは、主要なネットワークの立ち上げ時のノードの成長と電力に関して、電力テーブルのトップにランクされました。

私たちの事業は、2年の発展の後、ロシア、トルコ、日本、イギリス、フランス、オランダ、米国、韓国などをカバーしています。 お客様からは、セキュリティとサービスに大変感謝しております。

今日28NS 2021年8月、IPFSハーバーは2を祝うことを誇りに思います2番目の略語 ユーザーからの満足のある記念日。 私たちはすべてのパートナー、ユーザー、従業員が私たちの幸せを分かち合うことを歓迎します。

1、デューデリジェンスでweb3.0のジャケットになる

ブロックチェーン、ビッグデータ、人工知能、仮想/拡張現実など、現在のすべての技術的アイデアはWeb3.0を直接参照しています。 自動運転が人間の運転に取って代わり、ワードトラベルに必要なのはバーチャルリアリティグラスだけであるなど、公共の場所でのインターネットには多くの想像力があります。 すべてのアイデアに基づいて、データの送信と保存はこれを達成するための重要な基盤になります。

Web 3.0インフラストラクチャの作成は、IPFSハーバーの最大の目標であり、すべてのインターネットの想像力には、フライングタワーのような強固なテクノロジーの基盤が必要であると強く信じています。

2以内2番目の略語 IPFSハーバーの社長であるYingqu、Wanの記念日は、高コスト、低効率、特別な問題など、現在のストレージの課題について言及しました。 Web 3.0の時代は、インターネットの必要性をサポートするために100倍以上の膨大な歴史を生み出します。

したがって、解決しなければならない3つの緊急のポイントがあります。

  • 倉庫保管の低コストは、事業開発の最初の部分になります。
  • 伝送効率:タイムリーなデータフィードバックとより高速なデータインシデント処理。
  • 個人のプライバシー:ユーザーデータの盗難は現在通常の問題ですが、現在のデータストレージ環境ではこれらの状況に対処できません。

そして何よりも、ストレージの配布はインターネットの未来になるでしょう。

2、デューデリジェンスの姿勢でハーパーの顧客に最高のサービスを提供する

ハーバークライアントとの信頼と市場の変化に直面しています。 これは、IPFSハーバーにとって目に見えない資産になっています。

ワン氏は、素晴らしい仕事は人々、自分自身、そして一般の人々にとって有益であるべきだと述べました。 私たちはクライアントに400,000フィル以上の固定ボーナスを獲得し、23万フィル以上のクライアントから撤退しました。 現在のFIL価格に基づくと、総収益は$ 15.000.000を超えています。

IPFSハーバーは、テクノロジーのアップグレード、一般的なサポート、およびweb3.0の生成により、多くの成果を上げています。 rdhtgcdvcvvv

一方、現在のポリシーが懸念され、ポリシーの監視が介入し始め、関連する法律や規制が絶えず改善されています。これは、IPFSエコシステムにとって長期的なメリットです。 IPFSハーバーのようなテクノロジー企業は、公正で公正な環境を作り上げてきました。

電話:

チャーリーケイ

18202879346

[email protected]

コンテンツの免責事項:

責任の否認。 いかなる場合も、当社の広報会社は、機会の喪失または損失を含むがこれらに限定されない、あらゆる種類の直接的、間接的、偶発的、結果的、特別または懲罰的損害賠償について、お客様または他の誰かに対して責任を負わないものとします。 そのような損害が事前に発生する可能性、およびそのような請求の根拠となる訴訟原因に関係なく、コンテンツのいずれかに起因または関連する請求を含みますが、これらに限定されません。ウェブサイトまたはウェブサイトを通じて配布される出版物または記事に表示される製品またはサービスに関連する広告、スポンサーシップ、承認、証言、意見、またはその他の声明またはレビューから作成または省略された声明の合法性。

READ  デジタルの未来はここシンガポールの新しいイノベーションハブにあります