Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

SARS-CoV-2に関連する最も初期のウイルスが発見され、コウモリで発見されました

研究者は発見します コロナウイルス 最も近い既知の親戚であるように見えるラオスのコウモリに潜んでいる SARS-CoV-2原因となるウイルス COVID-19(新型コロナウイルス感染症これまでのところ、ニュース報道によると。

新しい研究では、フランスのパスツール研究所とラオス大学の研究者が、ラオス北部の石灰岩の洞窟から645匹のコウモリを捕獲し、 ウイルス SARS-CoV-2に関連しています。 彼らは、馬蹄形コウモリに感染し、全ゲノムの95%以上をSARS-CoV-2と共有する3つのウイルス(BANAL-52、BANAL-103、BANAL-236)を発見しました。

あるウイルス、BANAL-52は、SARS-CoV-2と96.8%同一でした。 気性の性質 ニュース。 これにより、BANAL-52は他の既知のウイルスよりも遺伝的にSARS-CoV-2に類似しています。

以前、SARS-CoV-2の最も近い既知の親類はRaTG13でした。これは、2013年に馬蹄形コウモリで発見され、そのゲノムの96.1パーセントをSARS-CoV-2と共有しているとNatureNewsは報じました。

関連している: 新しいコロナウイルスの起源に関する7つの事実

さらに、新たに発見された3つのウイルスはすべて、他のウイルスよりもゲノムの重要な部分(受容体結合ドメイン(RBD)と呼ばれる)がSARS-CoV-2に類似しています。 ウイルス

RBDは、ウイルスの一部であり、宿主細胞への結合を可能にします。 SARS-CoV-2を使用すると、RBDはヒト細胞上のACE2として知られる受容体に結合し、ウイルスはこの受容体を細胞へのゲートウェイとして使用します。

重要なことに、新しい研究では、BANAL-52、BANAL-103、およびBANAL-236がACE2に結合し、それを使用してヒト細胞に侵入できることがわかりました。 RaTG13を含むコウモリで見つかったSARS-CoV-2の祖先がそうすることができなかった限り、他の候補者はそうすることができなかったと研究者達は言った。

彼らは、3つのウイルスがACE2と武漢で見つかったSARS-CoV-2の初期の株に結合する可能性があると述べた。

結果はプリプレスサーバーで公開されます 検索フィールド 9月17日に、次の証拠を追加します SARS-CoV-2は自然起源でした研究室から逃げる代わりに。

結果は、「シーケンスはSARS-CoV-2の初期の株のシーケンスに非常に近い…自然界に存在する」ことを示しています、研究者はまだピアレビューされていない彼らの論文に書いています。

「SARS-CoV-2受容体結合ドメインは、それと比較するウイルスが非常に少なかったため、最初に発見されたときは異常に見えました」と、研究に関与しなかったシドニー大学の進化生物学者、エドワードホームズは語った。 ブルームバーグ

「今、私たちは自然からより多くをサンプリングしたので、遺伝子配列のこれらの密接に関連した部分を見つけ始めています」とホームズは言いました。

著者らは、彼らの発見は、SARS-CoV-2が馬蹄形コウモリに存在するウイルス配列の組換えから生じたという仮説を支持していると述べています。

しかし、新たに発見されたウイルスはSARS-CoV-2と密接に関連していますが、3つのウイルスはすべて、SARS-CoV-2および AIDS 細胞へのウイルス侵入 ネイチャーニュース。 これは、SARS-CoV-2の起源をよりよく理解するために、フューリンがいつどのように導入されたかを示すために、より多くの研究が必要であることを意味します。

結果は現在公開を検討中です 気性の性質 雑誌、ブルームバーグが報じた。

関連性のあるコンテンツ:

コロナウイルスの亜種:突然変異がどのように積み重なるかは次のとおりです

種を飛び越えた11の(時々)キラー病

科学によって反証されたコロナウイルスに関する14の神話

この記事はもともとによって発行されました ライブサイエンス。 読む 元の記事はこちら

READ  日本はベトナム、マレーシアにワクチンを供給する予定:読売