Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

SBUジュニアおよびシニアがジャパンセンターの第17回年次エッセイコンテストで優勝|

SBUジュニアおよびシニアがジャパンセンターの第17回年次エッセイコンテストで優勝|

4月23日(土)、ストーニーブルック大学ジャパンセンター(JCSB)は、キヤノンUSAが主催する第17回エッセイコンテストの仮想表彰式を開催しました。 JCSBの尾島岩尾社長の開会の辞に続いて、ニューヨーク駐在日本大使の森幹夫氏と、Canon USA、Inc.のハイブリッドワークプレイスソリューション担当副社長兼ゼネラルマネージャーの小林佐美氏の2名の著名なゲストから温かい挨拶がありました。

JCSBエッセイコンテストの佐藤江梨子会長は、第17回コンテストに33校から140のエッセイが提出され、村田幸子裁判長が率いる審査員団によって7つのエッセイが選ばれたと報告しました。 各受賞者には、最大$3000の賞金とキヤノン製品が贈られました。 受賞記事はで見つけることができます JCSBのウェブサイト

ストーニーブルック大学の学生であるDevinOverendが内田記念賞を受賞し、MartinKordasがコンテストの特別賞を受賞しました。 彼らはそれぞれ1,000ドルと500ドルの小切手と、賞状とキヤノン製品を与えられました。

デヴィンの過剰摂取
デヴィンオーバーエンド

オーバーエンドの受賞エッセイ「TheTearsWeShed」は、芭蕉の俳句からインスピレーションを得たものです。 芭蕉は深い詩を通して、禅仏教のように、悲しみと愛する人の喪失に対処する方法を教えてくれます。禅仏教は、世界をそのまま受け入れる準備をし、信者にエゴを手放して瞑想の平和を見つけるように促します。 オーバーエンドはストーニーブルックスクールの学生で、映画の創作とマイナーを勉強しています。 書くことは本当に彼女の情熱であり、彼女を喜びで満たすものです。 余暇には、オーバーエンドはポッドキャストの作成や話し言葉での詩の演奏を楽しんでいます。 彼女は新しい人と出会い、他の人の生活について学ぶのが大好きです。

マーティン・コーダス
マーティン・コーダス

コーダスの受賞エッセイ「風呂敷:日本、世界、そして自己を理解する」は、日本の学生団体が主催するトイレ敷の夜に出席した後、彼がパッケージングの芸術に魅了された経緯を説明しています。 風呂敷は、世界を別の視点から見て、人々が多くの層を包んで本当の自分を偽装する理由を分析することを可能にしました。 彼は多くの層を越えて見て、日本の文化とその周辺を理解することを学びました。 コーダスはストーニーブルックの最終学年の学生で、経営学とアジア系アメリカ人研究を2専攻し、日本研究と韓国学を2専攻しています。 彼はストーニーブルックで3年間日本語を勉強しました。 彼は歴史と現代の問題を研究することを楽しんでおり、ダンスと冒険が大好きです。

優れたライティングスキル、創造的かつ批判的思考、そして感動的なエッセイを受賞したすべての受賞者の皆さん、おめでとうございます。

詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 ストーニーブルックのジャパンセンターのウェブサイト

READ  コーンウォールのターニングポイントレーサーは、ほとんどのメーターの記録が下がっていることを示しています