Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

SBU 2年生が日本センター第18回エッセイコンテストで優勝

SBU 2年生が日本センター第18回エッセイコンテストで優勝

4月29日(土) ストーニーブルック大学日本センター (JCSB) は、キヤノン USA で第 18 回年次エッセイ コンテスト授賞式を行い、続いて JCSB 社長の尾島巌による開会の辞に続いて、2 人の特別ゲストからの温かい挨拶がありました。 在ニューヨーク日本国総領事館のCanon USAの財務・経理担当と永野聡領事。

JCSBエッセイコンテスト会長の佐藤恵理子氏は、第18回コンテストには39校から206のエッセイが提出され、4人の受賞者が発表され、それぞれが$ 3,000の賞金と最大でキヤノン製品を受け取ったと述べました。 提出されたすべてのエッセイは、JCSB エッセイ コンテスト組織委員会と、アジアおよびアジア学科の教授である村田幸子主任審査員が率いるストーニー ブルックの教員審査員団によって、主にその洞察力、創造性、および表現の独創性について評価されました。 アメリカの研究。 その結果は、森幹夫在ニューヨーク日本国大使兼総領事と、キヤノンUSA社長兼CEOのケビン・オガワの2名の名誉審査員によって認められました。 協会ウェブサイト.

ストーニーブルック大学の学生の 1 人であるカイディ タン ウチダは、このコンペティションでメモリアル賞を受賞しました。 彼には、賞状、750 ドルの小切手、キヤノン製品が贈られました。

タヌの受賞歴のあるエッセイ「弁当箱の回顧録」は、彼女の子供時代の重要な記憶を反映しています。母親が、おいしくて健康的で芸術的な日本の弁当を苦労せずに詰めていたことです。 彼女はお弁当が大好きですが、アメリカ人のクラスメートは彼女に「ああ、なぜそれを食べているのですか?」と尋ねます。 彼らは次のような多くの質問をしましたと「なぜそのように見えるのですか?」 この経験により、彼女はレストランの食べ物を好む母親の好みを拒否しました。 しかし、数年後、ダイバーシティとインクルージョンを重視する STEM マグネット高校に入学したとき、彼女の見方は変わりました。 彼女は母親に弁当作りを再開するように頼み、クラスメートから「何」と「なぜ」という質問を受けたとき、誇らしげにいくつかを共有しました. Bento に対する Tanu の見方は完全に変わり、彼女は自分がどれほど幸運であったかを実感しました。

Bento での Danoo の成功体験は、アジア系アメリカ人が成長していく上で直面する感情的な闘いを象徴的に表しています。 村田首席判事は「自分の祖先文化の真のあり方を観察することは、人間のあり方の多様性を理解する上で重要である。 これの一部は、自分の母国語を習得することです。これにより、自分の遺産に真の誇りを持てるようになります。

田上は情報システムを専攻し、WISE Honors Program のメンバーです。 彼はまた、ストーニーブルック大学の太鼓グループである太鼓タイズのメンバーでもあり、チームメイトとの演奏を楽しんでいます。 ゲームデザインとソフトウェア開発のキャリアを持ち、海外で働くことを目指しています。

JCSP エッセイ コンテストの目的は、若いアメリカ人が自分たちの生活について創造的かつ批判的に考える機会を提供し、日本のある側面を関連付けて視野を広げ、グローバル シチズンシップを育むことです。 このコンペティションは、キヤノンUSAの企業理念であるCanon USAによってサポートされています。 きょうしそれは「人種、宗教、文化に関係なく、すべての人が調和して生き、将来共に働くこと」を意味します。

詳細については、次を参照してください。 Japan Center at Stony Brook のウェブサイト.

READ  富士山は今夏の登山を制限する予定 - DW - 2024/01/20