Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

SGX Niftyは、OPEC +危機により石油価格が上昇するにつれて下落

火曜日にアジアの株式は落ち着き、OPEC +危機の中でトレーダーが原油の急増を検討したため、国債は下落しました。 ドルスケールは少し変わっていません。

香港と中国の株が下落した一方で、日本の株はわずかな上昇を見せた。 S&P 500の株式契約は変動しやすく、ナスダック100先物は下落しています。

7月納品のインドのSGXニフティ50先物契約は、0.1%下落して15,846.50となり、MSCIアジア太平洋指数は0.3%上昇しました。 NSE Nifty 50は月曜日に0.7%上昇して15,834.35になりました。 米国の株式市場と財務市場は、独立記念日の休日のために月曜日に閉鎖され、取引は静かに保たれました。

OPEC +は、サウジアラビアとアラブ首長国連邦の間の戦いの悪化が石油供給の増加を妨げているため、危機に瀕しています。 交渉の崩壊により、原油は1バレル80ドルに向けて送られましたが、同盟間の紛争がエスカレートした場合、価格競争のリスクも高まります。

1バレル100ドルの石油のリスクは、「短期インフレと密接に関連しているため、市場を非常に苛立たせます。FRBは市場だけでなく経済データも監視していることを私たちは知っています」と、最高投資責任者のアラン・ヒギンズは述べています。 Coats&Co。はBloombergTVに語った。

他の場所では、英国が7月19日から英国の場所での社会的距離と収容能力の制限を終わらせる計画を発表した後、ポンドは前進を拡大し、人々はコロナウイルスと一緒に暮らすことを学ぶべきだと述べた。

帰国後、GM醸造所は年次株主総会を開催します。 NSDLのウェブサイトによると、外国人投資家は7月2日に2,510ルピーの純株式を売却した。

READ  留学生、ビザ保有者、日本と韓国からの旅行者の国境規則が緩和されました