Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Shikijakuの事業戦略と利益KCRによるレビュー

シキジャク理論で会社は急速に成長しています。 株式会社識学は、日本の労働生産性の低さに関する問題の解決に取り組む新しい規制コンサルティング会社です。

東京2021年12月8日 / PRNewswire /- 株式会社シキジャク(東京:7049) 株式会社独自の論理的概念に基づく組織経営理論「識学」を中心に経営コンサルティングやプラットフォームサービスを提供する株式会社で、最近KCR株式会社から改定されました。 、独立した調査および投資家向け広報支援会社であり、さまざまな上場日本企業について報告しています。 このレポートでは、KCRは会社のビジネスモデルと収益の分析を提供します。

ハイライトレポート

株式会社識学は、「識学の普及と人々の可能性の最大化」を企業理念として、 (TSEマザーズ:7049)は、創業以来、識学理論の普及を目的とした活動を行ってきました。 年に設立 2015年3月それ以来、同社は株式会社識学理論を社内で適用し、わずか4年で東京証券取引所のマザー部門に上場しました。 Shikijaku理論はによって発明されました 福富健二現在、同社の第2位の株主であり、後に同社の社長兼代表取締役である安藤幸大によって組織され、拡大されました。 会社が設立されたとき、それは 500,000円 首都では、 250,000円 安藤社長と 福富健二それ以来、それは驚くべき速度で成長しています。

当社の現在の事業には、中核的な規制顧問事業が含まれます。 同社が事業拡大のために買収したB2リーグバスケットボールチームを中心としたスポーツエンターテインメント分野。 ベンチャーキャピタルファンド事業。 また、新規事業として事業支援基金事業、契約開発事業を開始しました。 経営コンサルティングの分野では、アドバイザーの数を20名から25名に増やす予定です。 最終的には、このチームの規模を100人のコンサルタントに拡大することにより、識学理論の有効性を証明することを目指しています。 一方、同社は、プラットフォームサービスに関連する契約企業と販売数を増やし、各コンサルタントの売上を維持するために、SHIKIGAKUキャリアを通じて生み出される売上を拡大している。 400万円。 同社はまた、これらの分野で営利事業を展開することにより、他のすべての事業分野における識学理論の有用性を実証しようとしています。 例えば、同社は、同社の識学理論を広く適用することで、同社の支援を受けた投資家がより高い成果を上げていることを実証することで、ファンド事業の展開を開始した。

シキジャクシステムの独自の論理は、意識の構造を含み、システム自体は、個人または組織が問題に気付いてから問題が処理されるまでにトリガーされる行動推論のパターンを表します。 組織内で発生する誤解や誤解を減らすことで、システムは失われるコミュニケーション時間を最小限に抑え、従業員の集中力を高め、最終的に組織の生産性を向上させます。 基本的に、このシステムはリーダーシップトレーニングに重点を置いており、組織が実施するすべての事業運営との関連性が特徴です。 同社の収益モデルにより、サービスを提供するコンサルタントの数の増加に応じて利益が増加します。 会社の成長は、コンサルタント1人あたりの売上にコンサルティングスタッフの総量を掛けた結果の製品に依存します。 一方、四季学理論に基づく継続的な組織運営を支援することで月次収益を上げる企業プラットフォームサービスの収益は、契約企業数とともに増加している。 同社はアドバイザーに非常に高い基準を設定しており、過去1年以内に求人を受け取った応募者はわずか1.6%です。 識学は、コンサルタント研修期間を前年より30日短縮した78日に短縮することに成功しました。

現在、識学理論については多くの問い合わせが寄せられています。 事実上、同社は紹介を通じて顧客の約70%を獲得しており、これは顧客が式ジャクシステムに高い信頼を置いていることの証拠と見なすことができます。 中期経営計画では、式学システムを企業・組織経営に欠かせないツールとして確固たる地位を確立し、適切な市場上限を達成し、適切な市場規模を達成することにより、東京証券取引所の主要市場に上場するための条件を満たすことを目指しています。業績を上げ、満足のいくガバナンス体制を確立します。 これと同じ計画で、同社は純売上高の達成を目指している 63億円営業利益、 15億円、および2002/24会計年度の25%の株主資本利益率。

顧客ごとに生成する現在の平均販売量に基づいて、同社はローカル市場での成長の可能性を次のように推定します。 1.1兆円。 現在のシェアには、358万社の約0.06%しか含まれていません。 日本、これは成長の余地を十分に残します。 企業の識学システムは、あらゆる業界で実装でき、非企業組織にも適用できます。 企業の識学システムは、あらゆる業界で導入でき、非企業組織にも適用できるため、非常に幅広い状況で使用できます。 近年、労働生産性の低さが緊急の課題となっています。 日本 (経済協力開発機構37カ国中26位)同社は、労働生産性を向上させる方法として、識学システムが注目されることを期待している。 日本 中長期的に。

現在、同社は堅実な成果を上げています。 2002/22年度上半期は売上高、利益ともに大幅な増加となりました。 上半期末までの連結売上高は 1,801,483千円 (前年比86.4%増)、EBITDAは(営業利益+減価償却費+のれんの償却費+貸借金の償却額)でした。 236142千円 (前年比7,588.7%増)営業利益 201292千円 (営業損失に対して 24,381千円 21年度2月期上半期は通常利益 197,270千円 (通常の損失に対して 25,918千円 2012/21会計年度上半期において、親会社の所有者に帰属する利益 120,333千円 (損失のために 105,132千円 21/02会計年度上半期の親の所有者によるもの。 22/02会計年度には、同社は純売上高を見込んでいます 37億9800万円 (前年比51.6%増)、EBITDA 3億7000万円 (前年比136.2%増)営業利益 4億円 (前年比191.2%増)と通常の収益 3億5300万円 (前年比77.4%増)。

Shikijakuがリリースされました 株式取得権の第4シリーズ 2021年4月。 株式取得権のほぼ半分は既に行使されております。 シキジャクは、主にこれらの新株予約権により調達した資金を利用して、アドバイザーを雇用し、広告宣伝費を負担します。 現時点では、同社は成長の達成に注力しており、配当は行っていない。

完全な調査レポート(KCR Inc.)をお読みください。以下を参照してください。
https://global-assets.irdirect.jp/pdf/menu_file/7049/20211203181033_897.pdf

株式会社識学(東京:7049)の詳細については、以下をご覧ください。
https://ir.shikigaku.jp/en/

注意

このレポートは、投資決定のための参照情報を提供することを目的としており、投資を勧誘することを目的としていません。 報告書に記載されている数値や意見は、信頼できると思われる情報源から得られたデータに基づいていますが、KCR Inc. その正確性を保証するものではありません。 KCRは、これらの資料の一部または全部の使用に起因するいかなる損失または損害についても責任を負いません。 投資家の皆様は、ご自身の判断と責任に基づいて投資判断を行うことをお勧めします。 報告書に記載されている意見や予測は、作成日現在のものであり、その正確性や完全性を保証するものではありません。 また、これらの意見や期待は、将来、予告なしに変更される可能性があります。 KCRは、コンテンツに関連するすべての権利を留保します。 事前の同意なしに内容を複製または複製することは禁じられています。

避難責任
このリリースは、投資決定の参考となる情報を提供することを目的としており、投資を勧誘することを目的としたものではありません。 投資方針、時期、選定などの最終決定はご判断ください。 これにより生じた損害について、当社は一切責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。 サービス。

国境Less IRは、主要なグローバルメディア、企業情報データベースサービス、メーリングリストを通じて、日本企業の最新情報と主要な強みを外国人投資家に直接提供するニュースレターや年次報告書の発行など、IRコンテンツのグローバル配信を専門としています。 Without Bordersは、他のグローバルな国際関係の取り組みのサポートにも関わっています。

©ボーダレスIR株式会社すべての権利は保存されます
このリリースの内容をコピーまたは複製することはできません。

Cision

Cision

元のコンテンツを表示する:https://www.prnewswire.com/news-releases/shikigaku-business-strategies-and-earnings-reviewed-by-kcr-301440659.html

ソース株式会社識学

READ  最新の価格予測と専門家の予測