Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

SignTime は 2,600,000,000 シリーズ B の資金調達 (US$20,000,000) を受け取ります

東京そしてその 2022 年 9 月 21 日 /PRニュースワイヤー/- サインタイムは、シリーズ B の資金調達ラウンドを成功裏に完了し、3 億 9000 万円 (米ドル) を調達したことを発表いたします。 300万ドル、資金調達時)、企業評価額は2,600,000,000(US $) $20,000,000)。

SignTime ロゴ

「私たちは、成長の旅の次のステップを踏み出し、より多くの企業を支援できることを非常に楽しみにしています。 日本 そして世界中で、電子署名とデジタル契約を使用することで、効率と生産性が向上しています。」 ジム・ワイザー、SignTime の CEO 兼創設者。

ジム・ワイザー、および SignTime の共同創設者 ジョナサン・シーゲルは、電子署名市場で複数の特許を保有しており、テクノロジー業界で成功を収めている多くの高成長企業を持つ連続起業家です。 日本 そして、米国で。 このプロジェクトでは、日本および世界のビジネス慣行に精通したエキスパート アドバイザーのチームと、 日本.

SignTime は、電子署名およびデジタル契約サービスを提供する SaaS ソフトウェアおよび Web ベースのアプリケーションとして 2020 年に設立されました。 これには、よく知られている電子署名機能、契約およびテンプレート ドラフト機能、データベース ディスパッチ機能、および企業がどこからでも高度に安全な方法でドキュメントにすばやくアクセスできる独自のタグ付けシステムを備えた安全なデジタル契約リポジトリが含まれます。

デジタル契約は、契約をより速く、より安く、より簡単にすることで、ビジネスのあらゆる側面を改善します。営業部門は、多くの場合、SignTime プラットフォームの最大のメリットと最高の使用を目にします。 SignTime は紙ベースのハードルを取り除き、プロスペクティングから主要な開発および記録的な速さでの契約完了への移行をより簡単かつ迅速にします。

SignTime、ベース 東京デジタル「ハンコ」(手書きの署名の代わりに使用される日本のビジネス スタンプ)をサポートし、日本のビジネスを念頭に置いて設計された承認プロセスを特徴として、最初は日本国内市場に焦点を当てましたが、その後、世界中でクライアントを獲得しました。 「当社の顧客基盤は主に日本企業であり、海外で事業を展開している国際企業が混在しています。 アジア太平洋地域 」と Weisser 氏は述べており、主要な競合他社はその点で異なります。 日本 海外市場と比較。 の 日本当社の主な「競合相手」は紙であり、文書化に対する当社のペーパーレス アプローチは優れた製品であり、完全なトレーサビリティ、監査証跡、および日本の規制と法的枠組みへの準拠を備えています。 世界的に見て、使いやすさ/UI と費用対効果が競合他社との差別化になっています。 ただし、すべての市場で販売プロセスをはるかに簡単にしています。」

主な投資家:

SignTime の最初のラウンドには、複数のエンジェル投資家とベンチャー キャピタル企業が参加しました。 それらのいくつかを含む ジョナサン・シーゲル そしてその 相川義正、SignTimeアドバイザーはすでにSignTimeに関連付けられていますが、他の人は現在の資金調達ラウンドで会社にとって新しいものです.

シェゼン・キャピタル

マーク・ビベンズシリコンバレーのベンチャーキャピタルで20年以上の経験を持つ自然資本の共同創設者、 ヨーロッパ、 そしてその 日本「自然キャピタルでは、リードインベスターとして SignTime をサポートできることをうれしく思います。SignTime は、日本市場向けに調整された電子署名ソリューションにより、日本企業のデジタルトランスフォーメーションをリードしています。 アジア. “

ジョナサン・シーゲル

ジョナサン・シーゲル SignTime を見つけるのに役立ちます。 Jonathan は、e コマース、クラウド サービス、デジタル署名でビジネスを構築してきたシリアル アントレプレナーであり、現在は Xenon Ventures のマネージング パートナーです。 また、デジタル署名に関連するいくつかの特許も保有しています。 ジョナサンは連続学習者でもあり、MBA、法律の学位、ヘリコプターの免許を取得しています。 書き込み、 「サンフランシスコの誤謬 – 創業者を失敗させる 10 の誤謬」 日本語に翻訳されています。 Siegel 氏は次のようにコメントしています。 日本 これは私が見た中で最もエキサイティングな仕事の機会の 1 つであり、参加できることに興奮しています。 機会が無限にあるように見えるため、私たちは日本の職場のデジタルトランスフォーメーション (DX) を推進しています。」

相川義正

相川義正 彼は現在、SignTime のエグゼクティブ アドバイザーとして働いています。 キャリアの早い段階で、1982 年に富士通九州システムズにシステム エンジニアとして入社し、さまざまな役職を経て、最終的に CEO になりました。 その後、富士通クラウドテクノロジーズ社長に就任。 2017年4月. 富士通在籍時からアイツズ設立時まで、クラウドに関する豊富な経験を持つ。 吉正は、さまざまな企業にICTコンサルティングサービスを提供しています。 「SignTime と協力して、紙中心のオフィス環境から真のデジタル環境への移行を推進できることを嬉しく思います。SignTime 製品は、迅速かつ効率的であるだけでなく、契約やその他のプロセスを安全かつ確実に処理する方法でもあります。法的文書。”

パトリック・マッケンジー

パトリック・マッケンジー (@patio11)はファイル 日本 居住投資家、開発者、起業家。

「より多くのサポートを求めて SignTime に投資しました 日本 デジタルトランスフォーメーション。 以前の給料から考えてみてください。多くの優秀な人々は、レガシー プロセスの処理に多くの時間を浪費してきました。 彼らの才能をより重要な問題に直面させるために解放する必要があります。」

ポール・オズワルド

ポール・オズワルド 彼は 20 年以上ソフトウェア開発に携わってきました。 過去 12 年間、彼は成功を収めている日本のフィンテック スタートアップである MakeLeaps の CTO および共同設立者でした。 MakeLeaps は、日本市場向けのオンライン見積および請求サービスを提供しています。 「過去 12 年間、私は日本が MakeLeaps の紙製品に取って代わりオンライン製品を採用するのを見てきました。私は、SignTime がローカルで同じ利益を達成すると同時に、国際的にも拡大できると確信しています。」

SignTime について:

SignTime、ベース 東京は、あらゆる種類のドキュメントのデジタル契約と電子署名の分野におけるリーディング カンパニーです。 SignTime は、安全性が高く、合法的で、使いやすく、あらゆる規模の企業に拡張できるため、契約や紙の署名から永久に簡単に移行できます。

2020 年の設立以来、SignTime は急速に成長し、日本国内市場の顧客だけでなく、 アジア太平洋地域 地域、そして多国籍のクライアントの間で。

メディアの連絡先:

テリー・アルバースタイン
連絡先のナビゲーション
[email protected]
+61-458-484-921

SOURCE サインタイム

READ  日本のオリンピックがどのように経済災害に変わったか