Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Society 5.0の実現に向けて日本企業が最新技術を革新している

Society 5.0の実現に向けて日本企業が最新技術を革新している





Idein Inc. 創業者兼CEO 中村光一氏(左) 2023年4月7日、アイシン株式会社先行開発部主任技術者大須賀慎氏が仮想人間サヤとポーズをとる。

東京(弓道) – 髪の毛の繊細な効果から、かすかにかすれた目まで、スクリーン上の17歳は、本物ではないとは信じられないほど、驚くほど本物のように見えます。 しかし、AI が限界を押し広げ続けているため、この事実は重要ではないかもしれません。

マルチメディアエージェントとして知られるサヤは、画像、音声、動きなど複数の入力データを統合的に分析できる高度なセンサーと人工知能によって、人の意図を理解し、それに応じた対応を行うことができます。

これらのインテリジェント システムは、日本政府が構想する、いわゆる 5.0 社会を表します。そこでは、サイバー空間と物理空間の境界が完全に曖昧になり、自己管理できるものはすべて実行されます。

日本が提案したこの概念は、ドイツが策定した第 4 次産業革命構想を拡張し、人工知能、モノのインターネット、ビッグデータ、ロボット工学などのイノベーションを社会のあらゆる側面に統合します。

4月29~30日に高崎で開催されるG7テクノロジー・デジタル大臣会合に先立って、3月のぐんまデジタルランドフェアで披露された「プロジェクトSaya」に携わる開発者らは、感情AIシステムが自動運転交通や高齢者ケアに利用されることを構想しているその他、人的接触から恩恵を受ける可能性のあるその他のシナリオ。





画面には、アイシン株式会社が開発した高度な人工知能カメラ「AI Cast」からの入力が表示されます。 と株式会社イデア顔認識、深度推定、その他の分析が可能。 お気に入り

大須賀真主任専門家は「自動運転バスや自動駐車システムの開発は自動車部品メーカーとしての目標の一つ。自動運転バスの無人化に伴い、人工知能が見守り、人々の孤独を和らげる役割を担うことになる」と述べた。 アイシン株式会社 先行開発部エンジニア

トヨタ自動車傘下の自動車部品メーカー。 日本の大学と企業のコンソーシアムである Saya Development のデザインは、CG アーティスト デュオ Telyuka によるキャラクターに基づいており、不気味の谷を超えると言われています。

株式会社Idein 創業者兼CEO 中村 光一

Saya 用の AI カメラを開発した東京を拠点とするスタートアップ企業は、主力製品である Actcast で人工知能の分野を開拓しています。Actcast は、デバイス自体でローカルにデータを処理するように設計された IoT プラットフォーム サービスで、外部サーバーやリソースの必要性を排除します。クラウドコンピューティング。

「私たちは今、AI を具体的かつ有益な方法で使用する方法を世界が理解し始める段階にようやく入りつつあります。実装が引き続き迅速であるとしても、AI を導入した場合、コストやプライバシーなどの問題により、多くの企業が規模を拡大することは困難になるでしょう。」クラウドベースです」と中村氏は語った。

エッジAIテクノロジーは、大量のデータの移動に伴うコストや機密情報漏洩のリスクを削減するだけでなく、主観的なデータなどのリアルタイムのデータ処理が必要な領域での遅延を回避するために不可欠な「超低遅延」を実現します。 。 テクノロジー、ロボット工学、インフラの遠隔監視を推進します。

日本が少子高齢化という課題に直面する中、政府は労働力不足、地方の過疎化、エネルギーや環境の制約などの逆境を克服するため、スマートシティに期待を寄せている。

デバイス間の高速かつ信頼性の高い通信を可能にする高帯域幅ネットワークに基づく将来のインテリジェントな世界のバックボーンをサポートするために、日本の大手通信会社である日本電信電話株式会社は、 IOWN (Innovative Wireless Optical Network) として知られる次世代ネットワークを開発しています。

この取り組みの中核となるのがオールフォトニクスネットワークです。オールフォトニクスネットワークは、光ベースの技術を使用して、従来の125倍の送信電力、100倍の電力効率の改善、および従来の1/200のエンドツーエンド遅延を実現します。ネットワーク。

東日本電信電話株式会社 IOWN 推進室 部長 竹野 裕太 氏

NTTは2030年までに次世代ネットワークの稼働を目指しており、これまで複数の試験を実施しており、昨年11月にはこのシステムを使って100キロメートル以上離れた手術用ロボットの遠隔制御に成功した実証実験が行われた。

東京西部にある NTT 武蔵野研究開発センターのオペレーターは、遅延変動がほぼゼロの超鮮明な 8K ビデオを介して、現場の環境をリアルタイムで確認することもできます。

同社は3月、「APN IOWN 1.0」として知られるIOWNの概念を実装した初の商用サービスを開始した。

竹野氏は「APNは時間と距離の問題を解決する。最終的な目標は日本中どこにいても同じサービスを利用できるようにすることだ」と語った。

将来的には、この革新的なテクノロジーが、サービスとしてのモビリティ (MaaS) や、予測やテストを実行するために並行仮想世界が構築されるデジタル デュアル コンピューティングなど、スマート社会の他の重要な機能もサポートすると NTT は期待しています。

竹野氏は、社会が最終的に 5.0 に達したとき、人口データを全国の処理センターに送信するために「高速ネットワークが必要になる」と示唆した。

READ  OpenAIは東京オフィス開設に伴い日本での企業誘致を行っている