Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

SOCOMがMaritime C-130の開発で日本と提携しているというニュース

SOCOMがMaritime C-130の開発で日本と提携しているというニュース

米国特殊作戦軍(SOCOM)は、ロッキード・マーティン社の由緒ある戦術輸送水上機C-130の製造計画において日本の協力を求めている。

5月9日にタンパで行われた特殊作戦部隊(SOF)週間のブリーフィングで、SOCOMの調達責任者は、司令部は日本の新前和US-2海上貨物機の経験から学びたいと述べた。

「日本は非常に重要なパートナーです」 [Indo-Pacific]SOCOM の買収管理者であるジム・スミス氏は次のように述べています。 「私たちは、US-2 での彼らの経験から何を学べるかを検討するために、このパートナーシップを検討しています。」

シリウムのデータには、日本の海上自衛隊が保有する水陸両用可能なターボプロップ機6機が記載されており、同機は捜索救助活動に使用されている。 東京は2009年に最初のUS-2を納入した。

SOCOMへの関心は、米軍が西太平洋地域での潜在的な紛争に備えて軍隊を準備しようとする中で生じたものである。この地域は、広大な外海と、インフラが未発達な多くの小さな島々を特徴とする地域である。 そこでの作戦を拡大するには、新たな軍事装備が必要になる可能性がある。

重量物輸送水上飛行機は、ワシントンおよび世界中の米国地域本部の軍事計画立案者にとって特に興味深いものです。 SOCOMは2021年に固定翼機調達局がロッキード社の特殊作戦用輸送機MC-130Jを海上離着陸用に改造することに関心を示し、水陸両用機の要望を表明した。

当時、SOCOMの固定翼機調達責任者は、同事務所が業界と協力してこのコンセプトが実現可能かどうか判断していると述べた。

「これは…物理的にも工学的にも困難なプログラムだ」とSOCOMの固定翼プログラム執行責任者であるケネス・キューブラー米空軍大佐は2021年のSOF会議で述べた。

それ以来、ささやかな進歩しか見られないようだ。

キューブラー氏は、水陸両用C-130実証機の5月9日の初飛行はしばらく行われないだろうと述べた。

「我々は2、3年以内に完全な能力を実証するだろう」と同氏は述べ、SOCOMが技術試験と広範な実現可能性調査に取り組んでいることを付け加えた。

着水可能なC-130の開発に伴う課題と日本との提携のニュースにより、SOCOMが運用実績のあるUS-2の購入を選択する可能性が高まっている。 米特殊作戦部隊に後方支援を提供する司令部として、SOCOMは他の米軍サービスとは別に調達システムを運営している。 これには独立した航空機の取得も含まれます。

JMSDF_US-2_救出飛行艇_演習中

しかし、買収責任者のスミス氏によると、今のところSOCOMはUS-2に関する日本の経験だけを知りたいとしているという。

「それが必ずしもUS-2の受け入れにつながるとは言えません」と彼は可能性を排除せずに指摘した。

あるいは、米国が新型航空機を開発する可能性もある。 国防総省の秘密技術開発機関である国防高等研究計画局(DARPA)は、すでにリバティ・リフター・プログラムでその可能性を模索している。

2022年5月に発足したこのイニシアチブは、陸上や船舶ベースのインフラなしで運航できる重量貨物水上飛行機の開発を目指している。 理論上の宇宙船は荒れた海でも離着陸できるだろう。 翼内地面効果エレベーターを使用して重い荷物を運び、最大 10,000 フィートの高度で飛行することができます。

DARPA は、リバティ リフターの実証機の設計に、無人航空機メーカーのゼネラル アトミックス社とボーイング社所有の航空宇宙技術開発者のオーロラ フライト サイエンス社の 2 社を選びました。 両社はすでに予備的な設計コンセプトを準備しており、DARPA と協力して初期の設計の成熟度に取り組んでいます。

DARPAによると、実物大Xプレーンの詳細な設計、製造、実証を含むリバティ・リフター・プログラムの第2段階は2024年半ばに開始される予定だという。

同社は、リバティ・リフターのコンセプトを実用的な車両に開発するために、1つまたは複数の米軍と協力する予定だと述べている。

READ  世界のトップ11の場所のリストをチェックしてください