Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

SoftBankによると、ボットワークのPepperはまだ健在です。

東京発-日本のハイテク企業ソフトバンクは、ペッパーの親しみやすく、おしゃべりな、泡頭のロボットに圧力をかけていることを否定している。

SoftBank RoboticsCorp。の広報担当者は次のように述べています。 北村愛水曜日:「ペッパー事業に大きな変化はありません。」

東京を拠点とする同社によれば、7年前に導入されたペッパーはレンタル事業を中心としており、定期的に生産を調整しているという。

生産が一時停止されている間、北村はペッパーが「殺された」かもしれないという憶測を煽ったという報告を否定した。

同社は、パリのSoftBank Robotics部門で330人の労働者の契約が検討されていることを認めましたが、この動きは日常的なものであり、Pepperにとっては致命傷にはなりませんでした。

どちらかといえば、パンデミックの間の社会的距離の必要性は、店の人々の体温を測定するために時々使用されるペッパーのようなロボットの需要を押し上げました。

表情豊かな手で車輪を動かしながら、福岡にある日本のプロ野球チームSoftBank Hawksのスタンドで、ペッパーのロボットが歓声を上げて踊ります。

Pepperの最新のサービスには、日本の学校でコンピュータープログラミングを教えることが含まれています。

ロボット工学技術は、世界中の生産ラインの製造や商品の輸送に広く使用されています。

しかし、ソフトバンクグループ株式会社。 9984、
+ 0.84%
孫正義の創設者兼社長や他の専門家は、日本人はペッパーのようなロボットがやや人間的で、時には感情を表すことが好きだと言います。

北村氏は、ペッパーファンからのフィードバックが溢れていることを高く評価し、彼が最愛のアイコンになったことを示した。

「多くの人がビーバーがいなくなったら悲しいだろうと言った」と彼女は言った。

READ  アルケゴスの喪失とリスク管理の問題により、野村は米国の戦略を再考することを余儀なくされる可能性があります