Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Solersは日本企業と協力して自動車のサブスクリプションサービスを開発 – ビジネスと経済

通り。 6月5日、サンクトペテルブルク。 ソラーズ グループ会長のヴァディム シュヴェツォフ氏は、サンクトペテルブルク国際経済フォーラムで、ソラーズ グループは自動車のサブスクリプション サービスの開発において日本のパートナーと協力する予定であると述べました。

「流行の年に、私たち日本人の同僚は、デジタル モビリティ サービスの開発を検討しました。昨年、私たちはデジタル プラットフォームを作成して、 [clients] 車の中で、私たちはロシア連邦の顧客にそれを提供し始めました。 これは、今日でも日本の企業や金融機関から大きな関心を集めています。 今年は、この新しいデジタル モビリティ分野の開発に、文字通り日本企業を巻き込むことができることを願っています。」

ロシアはカーシェアリングの開発において最初の国の 1 つであると、Shvetsov 氏は述べ、そのようなサービスは拡大すると予想していると付け加えました。 「ロシアでは年間自動車サブスクリプションの 35 ~ 40% の成長が見込まれています。つまり、サブスクリプション市場は現在 95,000 台ですが、2 年後には 200,000 台に達するでしょう。このような急速に成長するセグメントは興味深いものであり、最も可能性が高いです。特に商業部門では、多くの人が 2 年以内に車の所有をあきらめます。

ロスコングレス財団が主催するサンクトペテルブルク国際経済フォーラムは、6 月 2 日から 5 日まで開催されます。 今年のフォーラムのテーマは「Together Again – The Economy of a New Reality」です。 TASS は、SPIEF の公式情報パートナーおよび画像ホスティング会社です。

READ  アジアの株式は上昇したが、連邦政府の楽観主義の後、毎週の損失に備えた