Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

SpaceXは1年間で100回の打ち上げに向けて前進を続ける

SpaceXは1年間で100回の打ち上げに向けて前進を続ける

土曜の夜遅く、ファルコン9ロケットがケープカナベラル宇宙軍基地の宇宙発射施設40から打ち上げられ、他の23機のスターリンク衛星が軌道に運ばれた。

打ち上げは東部標準時間午後 11 時 (協定世界時 04 時) に行われ、このミッションはグループ 6-31 でグループ 6 スターリンク シェルの建設を継続しました。

23 機の小型 Starlink V2 宇宙船が、以前のグループ 6 ミッションと同じ 43 度の軌道傾斜角に投入されました。 衛星は打ち上げから1時間余りで第2ステージから分離した。

これはSpaceXにとって今年89回目の軌道ミッションであり、今後も年間100回の打ち上げに向けて順調に進んでいく見通しであり、打ち上げの大部分がSLC-40からのものであるため、打ち上げ間の平均応答時間はわずかに短かった。数日前 SpaceX チームは、迅速な連続打ち上げを可能にする能力の向上に取り組んでいます。

今月の残りに目を向けると、現在、LC-39Aからのファルコンヘビーを含む、スペースXの打ち上げがさらに5機、12月14日に予定されている。 12月14日以降、スケジュールが維持できれば少なくともあと8回の打ち上げが行われる可能性があるが、スケジュールは確定しておらず、天候や技術的な問題によりさまざまな遅延が生じる可能性があり、そのうちのいくつかは新年に延期される可能性がある。 。

今週末に行われた打ち上げの話に戻りますが、このミッションに割り当てられたファルコン 9 ロケットはブースター 1078 で、6 回目の飛行となりました。 B1078の6便目は78日前に最後に飛んでいたため、もう少し時間がかかりました。 ブースターを装備するまでの平均時間は、ファルコン ヘビーのサイド コアや乗組員ミッションに割り当てられたファルコンなどの一部の例外を除いて、約 45 日で推移しています。

B1078は打ち上げから約8分半後に無人機「A Shortfall of Gravitas」への着陸に成功し、いつものようにSpaceXは別のミッションで使用するためにペイロードのフェアリングの回収を試みる予定だ。

スペースXは次に2回のスターリンク打ち上げを予定しており、1回はフロリダから12月6日までに、もう1回はカリフォルニアから12月8日までに打ち上げられ、その後若干遅れて現在12月10日にファルコンヘビーの打ち上げが予定されている。

ご質問やご意見はありますか? [email protected] にメールしていただくか、ツイートしてください @RDAnglePhoto

READ  日本の製薬産業部門がカナダの植物ワクチンの承認を取得