Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

SSFの2023年子供と青少年のスポーツライフに関する全国調査が発表されました

SSFの2023年子供と青少年のスポーツライフに関する全国調査が発表されました

笹川スポーツ財団(SSF)は、2001年から日本の10歳から19歳までの子どもたちのスポーツライフに関する調査を実施し、子どもたちの運動やスポーツへの参加状況を把握し、「スポーツ・フォー・オール」の実現を目指しています。 -学校期間。 休日も、そして子供たちを取り巻くスポーツ環境も。 2009年、連盟はまた、10歳から19歳の子供たちに見られる運動とスポーツへの参加の二極化を促進する要因と、スポーツの転換点をよりよく確認するために、4歳から9歳の子供のスポーツ生活に関する調査の実施を開始した。彼ら。 そんな現象。 2017年の調査では、対象年齢層を新たに4~11歳と12~21歳に分類し、 これらの調査は、日本の就学前から大学生までの運動とスポーツへの参加について2年ごとに実施されます。

2024年3月29日、「SSF2023年全国子ども・青少年スポーツライフ調査」(調査期間:2023年6月24日~7月21日)の概要を公表しました。

「子どもと青少年のスポーツライフと健康」をテーマに、4歳から21歳までのさまざまな年齢層のスポーツライフを調査しました。 この概要では、好ましいスポーツや身体活動の種類、日常生活におけるメディアの利用時間、スポーツや遊びを通じた家族との交流、参加頻度や参加レベルの年間傾向などがまとめられている。

コンテンツ

  • 運動やスポーツへの参加頻度
  • 運動とその種類
  • スポーツチーム/クラブ
  • – スポーツを練習したり、スポーツに参加したりするのが大好き
  • スポーツ観戦
  • スポーツボランティア
  • 日常生活における身体活動の状況
  • メディア使用時間(スクリーンタイム)
  • 家族と一緒に頻繁に運動したり体を使って遊んだりする

情報利用申請

ご要望に応じて、これまでに実施されたすべての国民スポーツ生活実態調査の生データ(クロス集計結果と日本語のみのテキストを含む)を提供します。 興味のある方は、以下のリンクから SSF までご連絡ください。

https://www.ssf.or.jp/contact/

READ  大谷翔平はルイス・ロバート・ジュニアの負傷後、初の本塁打王に近づいている