Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

SSWSCスキージャンパーワールドカップで日本デビューを果たした

SSWSCスキージャンパーワールドカップで日本デビューを果たした

スティームボート・スプリングスのジェイソン・コルビーは17歳で、2月16日から19日まで日本の札幌で開催されたワールドカップ大会に最年少で出場したスキージャンプ選手となった。

今月初めにノルウェーのリレハンメルで行われたコンチネンタルカップでトップ25に終わった後、コルビーは米国ノルディック男子スキージャンプのヘッドコーチ、トーレ・スネリからアプローチを受け、2週間後の初ワールドカップ出場を打診された。

19歳以下でワールドカップのポイント獲得を夢見ているコルビーにとって、これは正しい方向への一歩だ。



コルビーはジャンプのスケジュールを少し我慢しなければならなかったが、その申し出を喜んで受け入れた。 この機会の非現実性はすぐには感じられなかった、と彼は言う。

「現地に着くまで、そのことに気付かなかった」とコルビーさんは語った。



スティームボート スプリングス ウィンター スポーツ クラブのジャンパーは、ワールドカップに先立ってアメリカ人のチームメイトと話す機会があり、このレベルの競技で何を期待できるかについてアドバイスや見識を与えられました。

コルビー氏は「間違いなく高いレベルだ」と語った。 「人々はより集中力を持っています。そして、それを生業としている人々がいるので、彼らは間違いなくその仕事に集中しています。それはアメリカの通常の競争とは異なりました。」

2月 16日の予選でコルビーは104メートルをクリアしてトップ50に入り、初のワールドカップ出場を果たした。 ワールドカップ当日の2月17日、コルビーはHS137ビッグヒルを91.5メートル飛行し、大会48位でフィニッシュした。

コルビー氏は、どんな結果よりも重要なのは、この週末が学習体験であり、ワールドカップの多くの小規模なトーナメントとは異なるルールや規制に慣れることだったと語った。

SSWSCのエステラ・ハリックは今週末、米国女子スキージャンプチームとしてキャリア初のワールドカップ招集を獲得し、同じ学習の機会を得る。 ハスリクは土曜日と日曜日にオーストリアのヒンツェンバッハにあるHS90の丘でスティームボートのアニカ・ベルショウと合流する。

コルビーは、現在シーズン最後のジャンプ競技会となる予定のミシガン州アイアンマウンテンでのコンチネンタルカップに積極的に出場している。

もしこれが本当に2024年決勝となるなら、米国のスキージャンプユースオリンピックの代表選手に名を連ね、韓国の男子個人ジャンプ競技会では17位に終わったコルビーにとって、これは画期的なシーズンとなる。 彼は記念すべき年にコンチネンタルカップとワールドカップにデビューした。

「間違いなく、しばらくの間忘れられない経験だ」とコルビーさんは語った。 「全体的には良いシーズンだった。」

READ  米国の法律事務所アッカーマンが日本ビジネスに焦点を当てたグループを立ち上げる