Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

SusHi Tech Startup Expoは日本のイノベーションをハイライトします

SusHi Tech Startup Expoは日本のイノベーションをハイライトします

2月14日、東京・有楽町でイノベーション促進を目的とした2つの主要プロジェクトが披露された。 SusHi Tech Tokyo 2024 グローバルスタートアッププログラム(GSP)と東京イノベーションベース(TIB)に関する説明会に起業家たちが集まりました。 どちらのプロジェクトも東京都によって創設されました。 SusHi Tech GSP カンファレンスは 5 月 15 日から 16 日まで東京で開催されます。

SusHi Tech (Sustainable High City Tech Tokyo) は、イノベーションとデジタル化と持続可能性のバランスを追求します。 環境や都市開発の懸念に対処するためにそれを利用したいと考えている。 また、東京の豊富なテクノロジーやアイデアをどのように活用するかについてのアイデアのネットワークとしても機能します。

より大きな目標は、日本、特に東京でスタートアップにとってより適切な環境を作り出すことです。 一方、TIB 銀行は世界的なイノベーションハブになることを目指しています。 参加者は、イノベーターや起業家のためのセンターとして発展していると考えています。

(©JAPAN Forward by Ariel Posito)

東京アップデートマガジンオンライン

生態系の発展

TIBは会見で、4つの核心原則のうちの1つが「成長」であるとも述べた。 ある代表者は、「私たちは若い世代が将来的により大きな役割を果たすことを支援したいと考えています」と説明しました。 この目標の一環として、TIB は大学生が独自のスタートアップ ショーケースを組織し、管理するのを支援します。

そのような学生グループの 1 つが ITAMAE (イノベーション、テクノロジー、アカデミー、マエストロ) です。 グループのメンバーで東京大学の学生である長谷川愛美さんがイベント中に少しだけ登壇し、講演しました。 板前について。 「学生が楽しんで、日本のスタートアップエコシステムに貢献できるイベントを企画したい」と彼女は語った。

TIB銀行は2月15日より、スタートアップ向けコンサルティングサービスを提供する。 このサービスには、資金の確保、海外市場への進出、地方自治体からの援助を受けることに関するアドバイスも含まれます。

吉村圭一東京都スタートアップ・国際金融戦略室長が説明した。 プログラムの 1 つの側面は、人工知能を私たちの日常生活に最適に組み込む方法です。 吉村氏は、このことと日本の都市景観の変化についての議論をプログラムの基本原則として想定した。

広告


福島の安全と高山処理水の放流

チャレンジ受諾賞

吉村氏はイノベーションとは「単なる技術の問題ではない」と強調した。 「インフラ、環境、持続可能性、文化も考慮する必要があります。」 したがって、例えば最新の二酸化炭素回収・貯留技術に関する議論が鍵になると同氏は考えている。

SusHi Tech プログラムも TIB と同様、「若者が思い描く未来の実現」を優先していると吉村氏は説明した。 この点に関して、同氏は「日本のスタートアップエコシステムをいかに正しい軌道に乗せるかが重要になるだろう」と述べた。

国境を越えた競争に加えてこれを促進するために、GSP には SusHi Tech Challenge と呼ばれる起業家精神に富んだ競争も含まれます。 国内外から選ばれたスタートアップが、地球規模の課題に取り組む独自の技術やアイデアを紹介します。

優勝賞金は1000万円(約6万6587米ドル)。 「私たちの目標は、GSP をアジア最大のスタートアップ展示会にすることです」と吉村氏はプログラムへの野心を語った。

Liberaware の新しい小型ドローン IBIS2 が SusHi Tech で紹介されました。 (©JAPAN Forward by ダニエル・マニング)

イノベーションとソリューション

TIB Bank はスタートアップ向けのショーケーススペースも企画しました。 展示された製品や発明には、仮想現実技術から災害サバイバル ツールに至るまで、あらゆるものが含まれていました。 TIB と SusHi Tech の GSP の包括的なテーマを反映して、これらの発明のほとんどは、その構造における環境安全性を実証しました。 彼らの多くは、新興テクノロジーが私たちの生活様式にどのような革命をもたらす可能性があるかを垣間見せてくれました。

システム開発会社コクアは個人向け防災分析ツール「パソボ「一人ひとりの状況に応じて、自然災害時に必要な情報や物品を提案するサービスです。

パソボは個人の年齢、居住地、世帯人数、家族構成、個人の価値観を考慮します。 例えば、最近の能登半島地震は、こうしたデバイスやサービスがいかに有用であるかを示しています。

他の場所では、地元のドローン会社 ライブラリウェア 新しい小型ドローン IBIS2 を披露しました。 重量が 243 グラムのこのドローンは、従来の大型航空機では操作できない狭い限られたスペースでも操作できます。 使用中に撮った写真 能登半島の復興活動がホームページで紹介されている。 また、同社の投稿によると、すでに200社以上の鉄道会社や鉄鋼会社がドローンを活用しているという。

広告


福島の安全と高山処理水の放流
シニア特派員のアリエル・ブセットが SusHi Tech 2024 でアウトサイドフォースを試す (© JAPAN Forward by Daniel Manning)

人口の高齢化

高齢化も日本が直面する問題です。 これに対処するには、 イノヴィズ (Innovation for Financial Support) は、それが引き起こす問題の一部を軽減するために特別に設計された製品を開発しました。 イノフィスはブースで、腰や太ももの筋肉をサポートするExo-Powerマッスルスーツを展示した。 他の筋肉サポートスーツとは異なり、… 外力 電気を必要としません。 代わりに、圧縮空気を使用して人工筋肉を膨張させます。

筆者がこの商品は高齢者向けなのかと尋ねたところ、その答えに驚いた。 「1歳から80歳までどなたでもご利用いただけます」とイノフィス営業部シニアディレクターの塩谷実氏は語る。

同社の若い革新者は、Exo-Power がどのようにあらゆるタイプの人々に適しているかを示しています。 (©JAPAN Forward by Ariel Posito)

名誉ある評判

Viva Technology ゼネラルマネージャーからのビデオメッセージ フランソワ・ペトゥセ 手続きは終了しました。 ヨーロッパ最大のデジタルスタートアップイベントである Viva Technology は、1 月に日本を Country of the Year にノミネートしました。 そのため、今年は5月にパリで開催されるこのイベントで、日本は大きな存在感を示すことになる。

ベトゥゼ氏は「何十年もの間、貴国は世界で最も革新的だった」と日本のイノベーションの歴史を称賛した。 同氏は日本の創造性と発明の豊かな歴史を認めながらも、その将来性についてもほのめかした。 「日本は革新的だ」と強調した。

関連している:

著者: ダニエル・マニング、レポート ジャパンフォワード

READ  Half-Life 1 の印象的なレイ トレーシング MOD がダウンロード可能になりました